このところクリーンな住環境のキープにと、個性派のコードレス掃除グッズが続々と生まれ、注目を集めている。

 快適な暮らしには、日々の掃除も重要なポイントだ。用いるグッズでメインとなるのは掃除機だが、こちらはキャニスター型からロボット型まで豊富なラインアップが揃っている。さらに最近は、充電式のコードレス掃除グッズも注目を集めている。

 先ごろツカモトエイム(本社:東京都中央区)が販売を開始した「Vagua(バグア)」は、コードレスの掃除機ではこれまでにない水フィルターを採用した商品。本体内タンクの水がフィルター役となるので、目詰まりもなく吸引力は持続する。またゴミを捨てる際も水を流すだけと簡単で、かつアレルギーを誘発する物質を含むホコリも立たない。さらにタンク内の水はUVライトで除菌されるため、気になる臭いも軽減される。フルモード約25分、エコモードなら約50分の連続使用が可能な同商品、こまめに掃除機をかける必要のある子育て家族や、室内でペットを飼う人にとっては、頼れる1台となりそうだ。価格は3万8,000円(税別)。

 「コードレスクリーナー Ver.2 A020」は、部屋の雰囲気を壊さない。標準で約70分の連続運転ができる同商品は、ボタンひとつで3段階切り替えと操作の簡単さなどが特徴だが、それ以上に注目したいのはデザイン性。どこに置いても、落ち着きのあるホワイト、ブラック、そしてブラウンと3種類のボディカラーと相まって、掃除機との主張もなく、違和感もない。普段は部屋のインテリアの一部として風景にとけ込み、ひとたびゴミ発見となれば大活躍となるこちらのおしゃれな1台、開発したのはプラマイゼロ(東京都中央区)。価格は2万2,000円(税別)。

 シー・シー・ピー(本社:東京都台東区)が考案した浴室掃除グッズは、「パワフルバスブラシ ZZ-LB10」。1分間に約175回と回転するブラシ部分でゴシゴシは無用、さほど力を必要とせず、浴室の掃除ができる点が特徴だ。また付属する清掃する場所に合わせて使う4つのアタッチメントと、しゃがむなど作業時の無理な姿勢を解消してくれる延長ロッドも、浴室掃除のラクラク化をサポート。連続使用時間は最大で約30分のこちらの1台があれば、面倒で億劫な浴室の清掃も、少し積極的になれるかもしれない。

 これまでにないアイデアを盛り込んだ個性派のコードレス掃除グッズを活用すれば、一層スマートに清掃が行えそうだ。

加藤 秀行[著]、阪神 裕平[著]