谷原、連覇なるか?(撮影:標英俊)

写真拡大

<HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 最終日◇6日◇総武CC 総武コース(7,214ヤード・パー70)>
 国内男子ツアー「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」の最終日。首位タイから出た昨年覇者の谷原秀人が前半で1つスコアを伸ばしトータル13アンダーで前半を終了。単独首位に立ち、サンデーバックナインのプレーに入った。
国内男子ツアーの熱戦を特選フォトでプレーバック!
 1打差で初優勝を狙う稲森佑貴、2打差で谷原と賞金王を争う池田勇太が追走している。他の選手は差が開いており、谷原、稲森、池田の三つ巴の優勝争いに。ツアー屈指の賞金額を誇る今大会で最後に笑うのは。目の離せない展開となっている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>