赤外線通信を利用して楽しめる「バトルモード」も搭載

写真拡大

タカラトミーグループのタカラトミーアーツ(東京都葛飾区)は、体感釣りゲーム機「バーチャルマスターズ スピリッツ」を2016年11月10日に発売する。2.4型フルカラー液晶画面や上下左右を感知可能な「3Dセンサー」を搭載し、画面を見ながらキャスティングポイントの選択やルアーの動きをコントロール。リールの重圧やヒット時の振動など、超リアルな新感覚の動作を実現した様々な釣りバトルを体感できる。

3Dセンサー搭載、シリーズ最多130種以上の獲物が登場

大自然が舞台の冒険を楽しめる「ストーリーモード」、釣りバトルで使用できるアイテム「つり魂」を獲得できる「フリーモード」、キャラクターや赤外線通信を利用して友人とバトルを楽しめる「バトルモード」の、3つのゲームモードを搭載する。

発光ギミックを内蔵した「つり魂ボタン」を押せば、「フリーモード」で獲得した「つり魂」を使い、大きい獲物や手強い相手を攻略できる。シリーズ最多だという130種以上の獲物が登場し、ストーリーを進めるごとに釣れる獲物たちが増えていく。

カラーはブルー、レッドの2色。価格は9800円(税別)。