映画『ひるなかの流星』で猫田ゆゆか役に決まった山本舞香 (C) 2017 映画「ひるなかの流星」製作委員会 (C) やまもり三香/集英社

写真拡大

永野芽郁主演、三浦翔平、白濱亜嵐共演で、『四月は君の嘘』の新城毅彦監督のもと実写映画化することが発表されている『ひるなかの流星』に、新たに山本舞香が出演することがわかった。

『桜ノ雨』山本舞香インタビュー

本作は、2011年〜2014年まで「マーガレット」で連載され、コミックス累計発行部数が200万部を突破、女子中高生の「初恋のバイブル」として絶大な支持を集めているやまもり三香による「ひるなかの流星」を原作にした作品。

田舎でのんびりと暮らす高校1年生の与謝野すずめは、両親の海外転勤を機に、東京に住む叔父・諭吉のもとに預けられることに。転校先の高校で出会ったのは担任教師のイケメン・獅子尾五月や、“女子が大の苦手”で一見無愛想なクラスメイト・馬村大輝、誰にでも愛想の良いクラス一の美女・猫田ゆゆかたちだったというところから展開する。

永野が田舎から上京したばかりでまだ恋を知らない高校生の与謝野すずめ役。すずめが初めて恋に落ちる一見チャラそうな担任教師の獅子尾役に三浦翔平。獅子尾に対するすずめの思いを知りながらも徐々に彼女に惹かれていくクラスメイトの馬村役に白濱亜嵐が扮する。原作者自ら「本当に素晴らしい方々に恵まれた」と語るキャスティングは、発表直後から映像化を待ちわびたファンの間で大反響を巻き起こした。

そうした中、今回明らかにされたのが、原作ファンの間でも人気の高い、女子力ナンバーワンのすずめのクラスメイト・猫田ゆゆか役を山本が演じること。映画『暗殺教室』をはじめ話題作への出演が相次ぐ山本は今回のキャスティングに「猫田ゆゆかは、友だち思いで負けず嫌い、女子力の高い子なので、細かなところまで考えて演じたいと思います。新城監督とは今回初めてご一緒させて頂きますが、リハーサルの時から自分なりに考えた芝居を見てくださるので、撮影中も色々と相談しながら、キャストの皆さん、スタッフの方々と素敵な作品になるよう頑張ります。すずめとゆゆかの友情関係も楽しみにしていて下さい!」とのコメントを寄せている。

『ひるなかの流星』は2017年3月24日より全国東宝系にて公開となる。