パク・ヘジン&チョン・マンシク&パク・ソンウン、ドラマ「マンツーマン」出演の3人のシックなグラビアを公開

写真拡大

JTBCの期待作「マンツーマン」のパク・ヘジン、パク・ソンウン、チョン・マンシクがグラビアで会った。

最近JTBCの事前制作ドラマ「マンツーマン」の最初の撮影に突入した三人は、ドラマでそれぞれ警護員とトップスター、秘密の指令を下す政府要員のキャラクターを演技する。

最近公開された雑誌の写真でパク・ヘジン、パク・ソンウン、チョン・マンシクは、優れたボディの比率を誇示し、スリムなブラックスーツからシャイニーなコートまで、多様な衣装を完璧に着こなした。特に強烈な眼差しで、シックで男性美あふれるカットを完成させた。

劇中、トップスターを警護する警護員であり、国家情報院のゴースト要員として人間離れした能力を見せるキム・ソル役のパク・ヘジンは「身元も分からない人生を生きてきた彼は、周りの人々と絡まりながら人間的な面やさまざまな姿を表す」とキャラクターを紹介した。引き続き「僕の演技を見て『パク・ヘジンという俳優にこのような色もあるんだ』と思われたら嬉しい。作品選びを慎重にしており、今回は良い予感がする」と期待させた。

これまでさまざまな作品の中で存在感のあるキャラクターを演じたパク・ソンウンは、劇中トップスターへの変身を予告した。彼は「ヨ・ウングァンはトップスターではあるが、時折7才のような姿を見せる時があります。気難しく見えるが可愛いキャラクター? 憎らしいが愛らしい役柄です」とヨ・ウングァンのキャラクターへの愛情を示した。

最近、映画「阿修羅」で強烈なイメージを刻印させた俳優チョン・マンシクは、ゴースト要員であるキム・ソルに秘密の指令を下す責任官イ・ドンヒョンのキャラクターでキャスティングに合流した。

チョン・マンシクはイ・ドンヒョンの役について「忘れたころにじゃ〜んとティンカーベルのごとく現れる助力者」と説明して「これまでたくさん強い役柄をやってきたので、今度は負担も感じず見ることができるキャラクターを選択した」と述べた。

KBS 2TV「太陽の末裔」のキム・ウォンソク作家と、SBS「リメンバー-息子の戦争」のイ・チャンミンプロデューサーのコンビと、超豪華俳優大挙合流で注目されていている事前制作ドラマ「マンツーマン」は、来年上半期を目標に放送される予定だ。