菅田将暉

写真拡大

映画『溺れるナイフ』初日舞台挨拶が11月5日、TOHOシネマズ 新宿で行われ、菅田将暉、小松菜奈、重岡大毅(ジャニーズWEST)、上白石萌音、志磨遼平(ドレスコーズ)、山戸結希監督が登壇した。

『溺れるナイフ』初日舞台挨拶、その他の写真

本作はジョージ朝倉原作の同名作品の実写化作品。10代の恋愛模様を描いた人気少女マンガである。小松は都会から田舎に転校してきた人気モデル・望月夏芽を演じ、菅田はその地の神主一族の跡取りである通称コウこと長谷川航一郎をつとめる。

役柄の望月と同じく、自身もモデルとして活動している主演の小松は「モデルの経験がなかったら表現できないものもあるんで、モデルから女優になったというのは私的にすごくよかったなと思うことがあります。望月夏芽という役もモデルをして女優になったっていう同じ道を辿っているので、近いものをすごく感じましたね」と役柄について話した。

恋愛映画初主演となる菅田は「山崎賢人とかと仲良いですけど、あいつすごいなと思いましたね。やっぱりちゃんと格好良くなくちゃいけないですし、美しくなきゃいけないというか。じゃないと、本当にこいつら何やっているんだろうっていうだけで終わるんですよ」と恋愛映画で常に格好いい主人公を演じる山崎を絶賛!

恋愛映画ではあるが甘いシーンばかりでなく、キスシーンでは山戸監督にコウちゃんらしさを求められ顔面に唾を吐いてくれと言われた菅田。それに対して「今考えるとハードなことをコウちゃんだとできた」と語った。

映画タイトルにちなんで最近溺れていることについて聞かれた重岡は「溺れる上白石ちゃん」と回答。理由については「歌がすごく好きで、最近はCDとかも出しはっていて。透き通る声というか、あれがすごく好きですね」と共演者の上白石をべた褒め。だが、好きな曲を聞かれ曖昧な様子を見せた重岡に対し、上白石からは「聞いてないな」と突っ込みが入るなど、仲睦まじい場面もあった。

対する菅田は仕事で全身の毛を自分で剃ったことがあるとのこと。剃っていくと自身が今日履いているパンツの縦柄みたいになっていくと話し会場を笑いに包んだ。作品名にちなんで菅田が「溺れる…溺れる毛」と名付ければ、重岡からは「排水溝に流れていくもんな」と絶妙な掛け合いも披露した。
(text&photo:鈴木唯)