単独首位に立ったかつての全米OP覇者ルーカス・グローバー(撮影:GettyImages)

写真拡大

<シュライナーズ・ホスピタルズ for チルドレン・オープン 3日目◇5日◇TPCサマリン(7,255ヤード・パー71)>
米国男子ツアー「シュライナーズ・ホスピタルズ for チルドレン・オープン」は2日連続で日没サスペンデッドとなっていたが、この日第2ラウンドの続きと第3ラウンドを行い、連日の“65”でトータル15アンダーまで伸ばしたルーカス・グローバー(米国)が単独首位に浮上した。1打差の2位タイにはロッド・パンプリング(オーストラリア)とブルックス・ケプカ(米国)が続いている。

トータル13アンダーの4位タイにはラッセル・ヘンリー(米国)とジェフ・オギルビー(オーストラリア)。トータル12アンダーの6位タイグループにスコット・ピアシー、チャールズ・ハウエルIII、ジェームス・ハーン(いずれも米)らがつけている。日本勢の石川遼、岩田寛は早朝に行われた第2ラウンドで姿を消している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】
国内男子ツアーの結果