このポーズ…!
 - (C) Reprisal Films / The British Film Institute 2015

写真拡大

 映画『ターザン:REBORN』で新生ターザンを務めたイケメン俳優のアレキサンダー・スカルスガルドと『アントマン』でその存在感を発揮したマイケル・ペーニャが、極悪警官コンビを演じるクライムコメディー『War on Everyone』の邦題が『バッドガイズ!!』に決定し、2017年2月に日本公開されることが明らかになった。

 本作の舞台は米・ニューメキシコ州アルバカーキ。酒とカントリー音楽をこよなく愛する警官のテリー(アレキサンダー)は、おしゃべりな相棒のボブ(マイケル)と職務に務めていた。悪人を見つけては脅迫し、殴り、くすねたドラッグを嗜む……。バッジを盾に“独自の流儀”で仕事を行う彼らは、犯罪者顔負けのワルだった。そんな2人はある時、怪しいストリップ・クラブの経営者をゆすりにかけるも、その後ろには裏社会を牛耳る謎の英国人がいたことで、事態は思わぬ方向へ動き出す。

 今旬の俳優アレキサンダーとマイケルが極悪バディになって参上する本作。複数の場面写真も公開され、新時代のターザンを演じていたアレキサンダーは一変、中指を突き立てて挑発的なポーズや、なにやら美女とダンスに興じるおちゃめな姿を披露している。

 さらに、2人を窮地に陥れる謎の英国人に『ダイバージェント』シリーズのテオ・ジェームズ、その部下役にシックボーイ俳優ことケイレブ・ランドリー・ジョーンズとイケメンが顔をそろえる。一方、キュートでセクシーなヒロインを『クリード チャンプを継ぐ男』のテッサ・トンプソンが演じている。メガホンを取ったのは、『スナッチ』のガイ・リッチーや『キングスマン』のマシュー・ヴォーンに続く、ブラックでスタイリッシュな英国スピリットを受け継ぐ監督として注目されるジョン・マイケル・マクドナー。本作は、2017年にヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて開催される「未体験ゾーンの映画たち2017」内にて上映される。(編集部・石神恵美子)