Port Cassis Automatic4種類(上段)とオープンハートの小窓からは、時計のメカニカルな動きを楽しめるTrad Open Heart4種類(下段)

写真拡大

シチズン時計は、ウオッチブランド「CLUB LA MER(クラブ・ラ・メール)」を復活させ機械式時計8モデルを2016年11月11日に発売する。「ラ・メール」はフランス語で「海」の意味。1984年に誕生したウオッチブランド「クラブ・ラ・メール」は当時のトレンドであったトラッドなデザインを特長とし、約10年間にわたり商品を展開してきた。

信頼性の高い日本製ムーブメントを搭載

このたび同ブランドが約20年ぶりに復活。新しさと伝統を融合させ、20〜30代の若い世代に向けこだわりの品質を備えた機械式時計8モデルをラインアップした。

ブランドコンセプトは「手の届く機械式時計」。一般的に高価なイメージがある機械式時計だが、時計の魅力を多くの人に知ってもらいたいという思いから、丁寧に仕上げた文字板やケースに加え信頼性の高い日本製ムーブメントを搭載しながら、手の届きやすい2万円〜3万円台の価格に設定した。

ブランドアイデンティティーであるトラッドな雰囲気の中に、現代らしいシンプルモダンのエッセンスを取り入れたデザインが特長。ブランド名のとおり「海」を想わせるブルーカラーをアクセントに使い、シースルーバックになった裏ぶたからは、伝統的なストライプ模様が美しい日本製機械式ムーブメントを眺めることができる。ケースは小ぶりのサイズなので男女問わず使用可能だ。

価格(税別)は2万5000円〜3万2000円。