4日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本の城について紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は大阪城。

写真拡大

2016年11月4日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本の城について紹介する記事を掲載した。

日本には各地に城が現存しており、城の象徴である天守閣が現存している城だけでも12城ある。さらに復元や復興、模擬を含めると数多くの天守がある。記事は大阪城の写真を紹介している。

これを見た中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「なんと美しい唐風の建物だ」
「天守閣はアジアで最も美しい城だな」
「美しくて泣けてくる。中国にも1城あったらよかったのに」

「中国の古代建築よりずっときれいだな」
「日本の古代建築物には中国の最も美しい伝統が受け継がれている」
「中国のでかパン(中国中央テレビの本社ビルのこと)よりずっと美しい」

「中国雲南地方の建築様式に似ていると思う」
「とても特色のある建物だ。ほかの中華圏は中国の方式をそのまま持ってくるだけだが、日本だけは自国の民族の要素も取り入れている」

「日本の戦争は規模がいかに小さかったかをよく示している」
「数千人の兵で囲めるような城で、十数万人の兵は必要がない。こんなに小さな城は中国では意味がない」

「こんな城なら、攻撃するのが簡単そうだ」
「中国は一生懸命欧米式の建築に倣って古い建物を壊している。でも日本は古代建築物を保存している。いったいどちらが中華文明の後継者なのだろう」(翻訳・編集/山中)