「ザ・シンプソンズ MOVIE」第2弾の製作検討

写真拡大

人気アニメの映画版「ザ・シンプソンズ MOVIE」第2弾の製作が検討されているようだ。アニメのプロデューサーの1人であるジェームズ・L・ブルックスは、フォックスが2007年公開の映画版の続編製作に向けて動き出す方向であることを明かした。

「フォックスは僕達にまた新作を作って欲しいと考えているし、僕達がやるかやらないかっていう状態だね」
「問題は作業の仕分けや、持っているアイデアが確かなものかっていうところさ。2作目の映画についてもうすぐ本格的に掘り下げることになるかもしれないね」

映画版第1作目は世界中で5億2000万ドル(約550億円)の収益を上げる大ヒット作となっており、テレビシリーズもすでに28年目へと突入しようとしている中、ブルックスは1997年頃、もう終わりを迎えると感じていたそうだ。

「これは本当の話なんだけど、8年目くらいのころ『次はどこからネタをもってくればいいんだろう?』っていう感じになっていたんだけど、それを乗り越えてから今に至るというわけさ」

新たなエピソードを考えるのに苦労する際は、そのテーマがすでに使用されたかを脚本家アル・ジーンの判断に任せるそうで、ブルックスはLRMに「ショーランナーのアル・ジーンがいるからね。彼は僕らがやってきたこと全てを覚えていて、いつも『できないよ、もうやったから』って言う役目なんだ」と話している。