誰もが知らず知らずのうちに自分の中に設けてしまう「限界」。それに挑戦する人々の姿を映したムービー「Come Out Of Nowhere」がNikeのYouTube公式チャンネル上で公開されており、600万回以上再生されて話題となっています。

Nike Presents: Come Out Of Nowhere - YouTube

「JAMES 23」と書かれたユニフォームを着用した少年



やってきたのはバスケットボールのコートでした。



「ここは、きみがくるべき場所ではない」というナレーションが入ります。



続いて入国審査を受ける青年



「外の世界へ挑戦してはいけない」とナレーションが入りますが、目の前には「アメリカへようこそ」と書かれており、青年が夢を追いかけてアメリカにやってきたことがうかがえます。



次に出てきた少女も「23」のユニフォームを着用しています。



「自分にはできるだなんて信じてはいけない」



それでも華麗にレイアップシュートを決める少女





「『お前には才能がある』と言われた?」



「みんな同じことを言われてるさ」



白人少年ばかりの中にひとりでたたずむ黒人の青年



「場違いなところにきてはいけない」



またしても背番号23のバスケットボール選手



ドライブから……



パスを選択。



「パスなど期待されていない」



大人対子どものミスマッチ



「敵わない相手に挑んではいけない」



子どもが果敢に手を出して……



ボール奪取に成功。



まさかの好プレーに観客からは大声援が飛び交います。



大人にも負けないプレイを見せつけ大絶叫する少年。



ドリブル中に……



相手に吹き飛ばされてしまったアジア系の青年。ナレーションでは「そのレベルで、ここにきてはいけない」と無情な宣告を受けます。



バスケットボールの試合のワンシーン



「40分走ったあと、」



「奇跡を起こせるはずなどないし」



「たったひとつのブロックで、」



「伝説になれるわけがない」



「きみがこの場所にたどりつけるはずがない」



「なのにきみはここにいる」というナレーションと共に、クリーブランド・キャバリアーズで大活躍を見せているレブロン・ジェームズ選手が映し出されました。ジェームズ選手は憧れだったマイケル・ジョーダン選手と同じ「23」番の背番号を背負っています。