(上)要人を警護するために物々しい武装をしたボディガード。(下)アルシャバブと政府軍との激しい戦闘が行われた。(写真は大津司郎氏の動画より)

写真拡大

――アフリカは今、最後のビジネスフロンティアとして世界中の注目を集めている。同時にソマリアなどでは紛争が起き、危険と隣り合わせの状況だ。私たち日本人は、どうすればこのチャンスをモノにできるのか。日本のメディアが引きあげてしまったソマリアで取材を続ける最後のジャーナリスト・大津司郎さんが語る。

私が最初にアフリカに行ったのは、1970年のこと。大学3年生のときにアフリカで農業をはじめようと思い、友人と2人、船で1カ月もかけて渡りました。サハラ砂漠周辺で干ばつが起きたときにはNGOを立ち上げて救援活動を行い、青年海外協力隊でタンザニアに滞在したこともあります。それでスワヒリ語を話せるようになり、はじめはコーディネーターとしてテレビ制作に携わっていました。ジャーナリストとしての活動は、釈放されたネルソン・マンデラ氏にインタビューを行ったのがきっかけです。その後もビデオカメラを持って、アフリカや中東、アジアの様々な国で映像を撮り続けています。先日はNHKで放送されたソマリアのテロ取材を行いましたし、過去には「NEWS ZERO」で放送されたソマリアの海賊取材にも携わりました。約45年で180回以上渡航しています。

こういった話をすると、大抵の人は「よくそんな危ないところに行って無事だったね」と驚きます。たしかに、ソマリアは「通常戦争」の状態なので、銃撃戦が起きたり、1〜2週間に一度は自爆テロによって死傷者が出たりします。安全ではない。ですが、危険な場所で取材をする場合、第一に考えなくてはならないのがセキュリティです。危ない場所に行くなら、必ず無事で帰ってこなければならない。拘束されたりするなどもってのほか。家族や政府に対する迷惑が計り知れないからです。

フリージャーナリストの後藤健二さんが殺害されてから、アフリカでも危険とされる地域にはなかなか日本のメディアが入れなくなりました。そのため、完全に自己責任・取材費も自己負担で取材を行い、日本に帰ってきてからテレビ局に映像を買ってもらう状態です。テレビ局が私を取材に行かせた場合、万が一のときに責任が取れないからです。しかし、今ソマリアで何が起きているのかを伝える必要があると感じています。

■資金を引き出すための残虐行為の数々

ソマリアではアルシャバブ(アッシャバーブ)というアルカイダ系イスラム過激派組織が活動を続けています。過去にはケニアの首都ナイロビのショッピングモールを襲撃して60人以上を殺害したり、ホテルに車ごと突っ込んで自爆テロを行ったりと、残虐な行為を繰り返してきました。そのせいで、先日ソマリアで泊まったホテルも、土嚢を建物の前に積み上げて車に突っ込まれないよう守っていました。アルシャバブはソマリアでイスラム統治体制を敷くことを大義としていますが、末端の兵士は自分たちの強さを誇示し、近隣の住民に恐怖感を与えることに快感を見出しています。存在感を示すことで、湾岸諸国の豊かな国々から資金を引き出す目的もあります。

こういった危険な地域で取材をする際に重要なのは大きく3つ。1つめは「ネットワーク」、簡単に言えば人間関係です。それ次第で命の危険にさらされます。たとえば今回のソマリア取材では、現地の20年来の知人Aさんに「こんな取材がしたい」と話し、彼がBさんに、BさんがCさんに……と6〜7人の人間を介して内部に近い人間までたどり着きました。私はAさんをとても信頼しています。ちょっとしたお金に関して私を騙すこともありますが、長い人間関係があり、私を危険にさらすことはない。その彼が信頼して話を通したBさんだから、やはり信じられる。私は「信頼のグラデーション」と呼んでいますが、最初に話を持ちかける人間との間に強い信頼関係がないと、数人の人間を経るうちに信頼はどんどん弱く、危険は増していきます。

次に重要なのは「お金」です。身もふたもない話ですが、ソマリアでの取材には驚くほどお金がかかります。飛行機代も含め、5日間の取材で250万円ほどかかりました。安全のため、銃を持ったボディガードを6人、道を知り尽くした運転手を1人雇いましたが、それ以上に高いのが「フィクサー」や「リンクマン」と呼ばれる仲介人に支払うお金です。彼らは1日2000ドルほどを要求してきます。高いと感じても値切ってはいけません。「値切りやがって」と面白くない気持ちにさせると、大事な局面で裏切られるかもしれないからです。自分の命の値段だと思えばこそ、私は絶対に値切りません。そして、必ずその場で現金払いです。

3つめに重要なのが「直感」です。「運」と言い換えてもいいでしょう。私は、朝迎えにきた運転手を見ただけで、取材が上手くいくかどうかがわかります。彼らは質のいいボディガードとのネットワークや現地のキーパーソンとのコネを持っているので、実際に取材を左右する人物でもあります。ですが、それ以上に彼らの持つ雰囲気で安心できる。あぁ、任せられると思う。

こんなこともありました。以前、酒場で言いがかりをつけられて、50人くらいのソマリア人に追いかけられ、最終的には囲まれてしまったのです。アフリカの夜はとても暗い。そんな場面で私がしたのは、全員の目を見ることでした。すると、私に対して「可哀想だな」と感じている人が1人や2人はいるものです。そういう人を見つけたら、「助けてくれ。言いがかりなんだ」と彼に対して主張する。同情した彼がグループのリーダーに話しているスキに、走って逃げた。

どんなに慎重に行動していても、危険な目に遭うことはあります。最後は直感を信じて、できることは何でもやる。それが私の危機管理術です。

■ビジネスフロンティアに日本人はいない

危険な話ばかりをしましたが、一方でソマリアは今、ビジネスブームに沸いています。送金や金融業、ホテル、建設などで稼いだお金持ちもいて、首都モガディシュの比較的安全な地区では、日本と変わらない値段で豪華な家具が売られていたりもします。私が泊まったホテルのオーナーは、防弾ガラスのついたトヨタのランドクルーザーを20台も持っていると言っていました。

ですが、水道や電気、ガスなどのインフラはまだガタガタです。団地のような住宅も整備されていません。ソマリアが、警察機関が機能しはじめた今でもアメリカから「脆弱国家ナンバーワン」と目されているのは、インフラの問題なのだと思います。国全体としては改善の方向に向かっていても、世界のスピードについていけていないのです。

8月、ナイロビでアフリカ開発会議が開催されました。安倍首相が参加して、日本企業・団体がインフラ協力などを進める覚書に署名したのをご存じの方もいるでしょう。ですが、15年前はナイロビに1000人の日本人ビジネスマンがいました。私もよく行った日本人レストランでは、夕刊フジや日刊ゲンダイを読みながら納豆定食が食べられました。でも今、ナイロビにいる日本人はたったの400人。ソマリアはゼロです。政府がどんなに「アフリカが最後のビジネスフロンティアだ」などと言って盛り上げても、実態とはかけ離れています。

本当にアフリカでビジネスがしたいなら、リスクをとって人が行かなくてはなりません。中国はそこがすごい。だから先を越されているのです。世界のスタンダードもリスクオンの方向です。それだけでなく、兄はカナダ、妹はアメリカ、弟はソマリアで頑張る。投資のように家族全員で世界に散らばって、リスクヘッジしています。

残念ながら、自衛隊やメディアを含めた日本人は、危険に対する経験値があまりに低い。日本にいればテロや戦争を身近に感じることがないので、当然と言えば当然です。ですが、この先もテロの危険がないかと言えば、そうではない。日本人の危機管理能力が上がり、世界で勝負できるような日がくることを願っています。

----------

大津司郎(おおつ・しろう)
フリージャーナリスト。ケニア、ウガンダ、ルワンダ、コンゴ、エチオピア、スーダン、チャド、ナイジェリア、南アフリカ、ジンバブエ、ナミビアなどの野生世界と時事問題の両面からアフリカを追求し続けている。
 

----------

(大高志帆=構成 加藤ゆき=撮影)