朝鮮海外同胞援護委員会のスポークスマンは4日、日本政府と右翼勢力が「総聯組織を抹殺し、在日同胞の生存権を脅かすごく重大な政治的挑発」と行っていると非難する談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

談話は、日本政府が北朝鮮の核兵器開発に対する制裁として、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)幹部の再入国や対北送金を制限するなどの措置を取っていることに言及。

「日本反動層の下心は、日本の軍国化にいっそう拍車をかけ、ひいては『大東亜共栄圏』の昔の夢をなんとしても実現してみようとするところにある」としながら、日本政府が北朝鮮や朝鮮総連への圧力を強めるほど、「最も残酷な最終的滅亡の苦汁をなめることになる」と威嚇した。