今のアザールなら…コンテ「世界最高の選手になる正しい歩みを進めている」

写真拡大

▽チェルシー率いるアントニオ・コンテ監督が、同クラブのベルギー代表MFエデン・アザールについて、世界のベストプレイヤーの1人になるだけの正しい歩みを進めていると話した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

▽アザールは昨シーズン、ケガと不調に悩まされリーグ戦31試合に出場して4ゴール4アシストと振るわず、クラブも10位と低調なシーズンを送った。しかし、コンテ監督が就任した今シーズン、同選手はここまでリーグ戦10試合に出場し、5ゴール1アシストと好調。クラブも4位と上位争いに加わっている。

▽コンテ監督は、今シーズンのアザールの能力と才能を称賛するとともに、「世界のベストプレイヤーになる正しい方向」にいると述べた。

「私はエデン(・アザール)の偉大な才能を知っているよ。そして、彼は働き続けて常に良くなっていかなくてはいけない」

「今、彼はチームに自身の能力と才能を加えている。これは素晴らしいことだし、世界のベストプレイヤーになる正しい方向だね」

▽またコンテ監督は、アザールの練習に対する姿勢についても満足しているようだ。以下のようにコメントしている。

「私は、昨シーズンと1人の選手について話すことは好きではない」

「もう一度言おう。チームがこういう悪いシーズンを送るときというのは、そのチームの多くの選手が正しい方向を向いてプレーすることができていないんだ」

「今は別のシーズンだ。そして私は、彼のトレーニングの時の献身性と仕事量を含めた試合で勝つためのパフォーマンスに満足している」

「現代のフットボールでは、テクニックと才能のあるタイプの選手は、さらに走れて、強さも持っていることが重要だ。ここイングランドでは、選手たちは超音速の激しさでプレーが行われるからね」