写真提供:マイナビニュース

写真拡大

コトブキヤが展開するオリジナルプラモデルシリーズ「フレームアームズ」をはじめ、さまざまなキットと組み合わせることができる「ヘヴィウェポンユニット」シリーズの第14弾となる「ビーストマスターソード」が、2017年2月に発売されることが決定した。現在「コトブキヤオンラインショップ」にて予約受付中で、価格は1,296円(税込)。

「ビーストマスターソード」は、魔獣使いの振るうムチをイメージした蛇腹状の刃を持つ特殊刀剣。"蛇腹の解放形態"と"通常形態"の2通りの形状がセットになっており、解放形態は内部にリード線を通す仕様で柔軟に可動し、さまざまな戦闘シチュエーションを楽しめる。

また、獣の頭部を模したビーストヘッドは、フレームアームズの頭部としての使用も可能。口が開閉するほか、口内に2種類のロボットフェイスを取り付けることができる。シールドパーツは3mm径穴のハードポイントを多数備えた拡張性の高いデザインで、スタビライザーパーツを取り付けてシールドクローとして使え、ビーストマスターソードを収納することも可能。

商品価格は1,296円(税込)で、現在「コトブキヤオンラインショップ」にて予約受付中。商品の発売および発送は、2017年2月を予定している。

(C)KOTOBUKIYA