木下優樹菜が夫・藤本敏史の芸風にダメ出し「小物感」「前のめりでウルサイ」

写真拡大

5日放送の「お客様と10人」(フジテレビ系)で、タレントの木下優樹菜が、夫のフジモンことFUJIWARA・藤本敏史の芸風にダメ出しした。

番組では、木下がゲストとして登場し、夫の藤本に対する悩みを10人の芸人たちに打ち明けた。木下は、藤本に「レギュラー番組がない」などと相談する中で、妻ではなく一視聴者として、藤本のことをどう思っているか語り出す。

木下は、藤本に「小物感」があるといい、笑いを誘う。さらに木下は、藤本は27年のキャリアがあるにも関わらず、後輩の若手芸人にも「オレ負けたくない!」と、「ずっと前のめりで、うるさい」と感じているとか。そこで、藤本本人にも「もっと引いてもいいのでは?」と指摘したそうだ。

しかし、藤本は「それだとフジモンじゃない」と突っぱねたというのだ。すると、この話を聞いていた芸人たちから笑いと拍手が起こり、スピードワゴン・井戸田潤は「かっけーな!」と称賛し、アンジャッシュ・渡部建も「永ちゃん(矢沢永吉)と一緒じゃん! 『それ矢沢じゃない』」とツッコミを入れていた。

【関連記事】
木下優樹菜 知人を不登校に追い込んだエピソード「調子こきな女が嫌い」
藤本敏史が結婚を決意した義父の言葉「娘をどうするつもりだ?」
藤本敏史 娘の名前をイジられて怒声「許さん!」