4日、中国のポータルサイト・今日頭条が、韓国済州島の空港で中国人観光客がごみを散らかし放題にして去っていったと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年11月4日、中国のポータルサイト・今日頭条が、韓国済州島の空港で中国人観光客がごみを散らかし放題にして去っていったと伝えた。

記事は、韓国メディアの報道を引用し、空港外で購入した免税品を済州島の空港で受け取った中国人観光客が、重量を減らし、空間を確保するためにその場で包装を開け、そのごみを空港内で散らかしたまま帰国していったと伝えた。

記事によれば、免税店の店員や空港地上スタッフは、ごみ箱を使用するよう促し、ごみ袋を渡すことさえしたという。しかし、10月26日に撮影されたという済州島の空港の写真には、足の踏み場もないほどごみで散らかった搭乗口の様子が写っている。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「中国はこういう人が多すぎる!」
「これでは中国人がバカにされるも当然だ」
「なんて恥ずかしいことだ。無知を個性などと言い訳すべきではない」

「韓国が中国人の入国をボイコットすることを支持する」
「一部の中国人にはむち打ちの刑が必要だと思う」
「シンガポールのようにむち打ちの刑にすれば効果があると思う」

「どうやら民度の低い人ばかりが海外へ行くようだ」
「すべては中国の教育の失敗ゆえだ。成績ばかり重視してほかは一切かまわないからだ」
「また海外で恥をさらしたのか。韓国人だって歓迎していないんだから行かなければいいのに」(翻訳・編集/山中)