<富士フイルム シニア チャンピオンシップ 最終日◇5日◇ザ・カントリークラブ・ジャパン(7,022ヤード・パー72)>
 まさか、のプレーだった。今季4勝を挙げ賞金王レースを独走しているプラヤド・マークセン(タイ)。この大会でも初日から首位に立ち、5勝目に王手をかけていたが最終日にノーバーディ・3ボギーの“75”とまさかの失速。田村尚之に逆転を許し、2位タイに終った。
優勝はサラリーマンプロ、田村尚之!
 この日は「パットがダメでした」。最後も1メートルのバーディパットを決めればプレーオフだったが、「踏んだ跡が残っていて、球が飛び跳ねてしまいました」と沈めることができなかった。
 惜しくも優勝は逃したが、2位タイに入ったことで今季の賞金王が確定。シニアデビューの年に戴冠を決め「初めての年で賞金王になれて嬉しいです」と笑顔を見せた。マークセンは今季がシニアではこの大会が最後。来週はレギュラーツアーの「三井住友VISA太平洋マスターズ」に出場する。
 来年もシニアとレギュラーを股にかけて戦う予定。割合としてはシニアのほうが大きくなる予定だが「どちらも大切。時間がある時はどちらも出たい」。タイの鉄人は戦いの場所を絞るつもりはないようだ。

【最終結果】
優勝:田村尚之(-6)
2位T:プラヤド・マークセン(-5)
2位T:秋葉真一(-5)
4位T:スティーブン・コンラン(-3)
4位T:水巻善典(-3)
4位T:羽川豊(-3)
7位T:山本善隆(-2)
7位T:崎山武志(-2)
7位T:真板潔(-2)他
67位:青木功(+22)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>