帰ってきたサランちゃん&子供たちが“バナナリレー”に挑戦…「スーパーマンが帰ってきた」運動会に高まる期待

写真拡大

「スーパーマンが帰ってきた」が3周年を迎え、秋の運動会を開催する中、全ての家族が集まり、リレーレースを披露する。

6日、韓国で放送されるKBS 2TV「スーパーマンが帰ってきた」では、3周年スペシャル番組「2万時間の法則」が送られる。この中で、サランちゃん、ソオンくん、ソジュンくん、ソラちゃん、スアちゃん、デバクくん、ソウルちゃん、ダウルくんの8人の“スーパーマン”の子どもたちが、バトンの代わりにバナナを持っており、見るだけで爆笑するリレーレースを行った。

特にこの日は、「スーパーマンが帰ってきた」のやんちゃ4人組であるソオンくん&ソ・ジュンくん&ソラちゃん&スアちゃんがリレーレースの途中、相次いで事故を起こし父親たちを困らせた。ソラちゃんはバトンを手にして、いきなり逆走行をしはじめた。これを見たイ・ドングクが「反対側だよ」と叫んだが、進撃のソラちゃんは走り続け、爆笑を誘った。

ソジュンくんは脚の素早い子であるだけに、格別なスピードでリレーレースを圧倒した。そんな中、ソジュンくんが急にズボンを脱ぐ突発行動をし、父親たちを困らせた。さらにソオンくんはソジュンくんのハチマキを奪ってグラウンドの真ん中を横切って渡り、爆笑を誘った。

「スーパーマンが帰ってきた」の次世代フードファイターであるスアちゃんは、バナナが出てくるとレースは後にして、自分が食べたいとバナナを次のランナーに渡さず、イ・ドングクを戸惑わせた。これを見たイ・ドングクは、「渡せばバナナを2個買ってあげる」とスアちゃんを説得し、現場を爆笑させた。

あらゆる事件が起きた「スーパーマンが帰ってきた」の家族たちのバナナレースはどうなったのか、「スーパーマンが帰ってきた」3周年スペシャル秋の運動会に、一層期待が集まっている。6日午後4時50分に韓国で放送される。