1

世界中でプレイされているゲーム「World of Warcraft」「Overwatch」「Hearthstone」などで知られるBlizzard Entertainmentが、ファン向けイベント「Blizzcon 2016」をアメリカのアナハイムで開催しています。Blizzcon 2016は販売開始直後にチケットが売りきれるほどの人気があり、2016年はBlizzard設立25周年に当たり例年にましてとてつもないイベントになっているとのことなので、日本では感じられない世界最大級のゲームイベントを体験すべく実際に行ってみました。

BlizzCon 2016

https://blizzcon.com/en-us/

囲碁チャンピオンを打ち破ったGoogleの人工知能チーム「DeepMind」が次に挑戦するのはゲーム「スタークラフト2」 - GIGAZINE



「オーバーウォッチ」に新キャラクター「ソンブラ」が登場、実際のプレイムービーはこんな感じ - GIGAZINE



オーバーウォッチワールドカップは韓国が圧倒的な強さを見せつけ優勝、韓国対世界の戦いへ - GIGAZINE



賞金2500万円を18歳のプレイヤーが獲得、規模が桁外れのeスポーツ「ハースストーン世界選手権」を見てきました - GIGAZINE



◆前日

アナハイムと言えば有名なのはディズニーランドですが、今回はディズニーランドではなく……



Blizzardのゲームがめじろ押し&近年日本でもジワジワと認知されてきたeスポーツの世界最大級イベントのBlizzcon 2016にやって来ました。Blizzardは、「World of Warcraft」「Diablo」「StarCraft」「Overwatch」「Hearthstone」といった世界的に大ヒットを記録したタイトルを作っている会社で、オンラインゲームやMMORPGの普及に大きな影響を与えたゲーム会社です。そのBlizzardが、ユーザーと交流を深めようと開催しているイベントがBlizzconで、現地ではチケットが販売開始直後に売れてしまうという恐ろしいくらいの人気があります。



アナハイムで宿泊していたホテルでは、2016年で25周年を迎えるBlizzardを祝福するメッセージが飾ってありました。



ホテルの従業員もBlizzconのバッジを付けています。



イベント前夜には、Blizzcon 2016が開催されるアナハイム・コンベンションセンターの周囲で前夜祭が開かれていました。



バーではブリザードブルーというスペシャルカクテルを注文可能です。



◆1日目

そしてイベント当日。アナハイム・コンベンションセンターの前は、イベント開始を待つ多くの人々がごった返しています。



会場に入って、地下1階に降りるとだだっ広い場所で多くの人が行列を作っていました。



皆さんが並んでいるのはBlizzardのグッズを購入できる物販のため。



これは会場を訪れた人全員が無料でゲットできるギフトボックス。



中にはハンマーのおもちゃや、サイコロ、コースター、ハンカチなどBlizzardグッズがたくさん入っていて、コレ全部が無料で配布されているのに衝撃を受けます。



会場のマップはこんな感じ。



オープニングセレモニーが開催されるメインステージは、開始の30分前には満席状態。



Blizzardファンたちが今か今かと待っています。写真では伝わりづらいかもしれませんが、とんでもない数の人がいます。



ステージから少し離れた場所から見ると、メインステージの大きさがわかるはず。写真を撮影した場所から後ろの部分にも、客席はズラーッと並んでいます。



オープニングセレモニーが始まると、CEOのマイケル・モーハイム氏が登場。会場は拍手と声援に包まれました。



オープニングセレモニーでは、Blizzardの各ゲームの発表が行われました。オーバーウォッチは新ヒーロー「ソンブラ」と、ソンブラのシネマティックムービーを公開。



公開された短編アニメーションがコレ。上映されるやいなや会場は大きな声援に包まれました。

オーバーウォッチ: 短編アニメーション"INFILTRATION" - YouTube



ソンブラの生い立ちに迫るアニメーションムービーも公開されています。

オーバーウォッチ: ソンブラ オリジン・ストーリー - YouTube



また、プロスポーツリーグ「Overwatch League」の設立も発表されました。Overwatch Leagueは各都市を代表するプロチームが地域ごとに争うリーグ戦で、2017年開始予定。



スタークラフト2は、Googleの人工知能チームDeepMindとのパートナーシップ締結を発表。今後は人工知能と人間がスタークラフト2で戦うバトルを見られるかも。



日本でも人気がある「ハースストーン」は新しい拡張パックの「仁義なきガジェッツァン」を発表しました。同社のゲーム「World of War」に登場する架空の街ガジェッツァンをテーマにした「仁義なきガジェッツァン」は12月初旬に配信予定。



「仁義なきガジェッツァン」シネマティック・トレーラー - YouTube

20周年を迎えるDiabloは現在発売中の「Diablo III」および「Diablo III: Reaper of Souls」上で動作する初代Diablloのリメイクと新クラスの「Necromancer」を発表しました。初代Diablloのリメイクは、キャラクターの移動方向を8方向に制限し画質をあえて低くしてレトロ感をだすフィルタを実装予定。



オープニングセレモニーは、とにかく発表の一つ一つに対する来場者の反応がすごく、見ているこちらまで興奮しました。



オープニングセレモニー終了後は、会場内をウロウロしてみます。



会場内ではソフトドリンクやフードの他にお酒も購入可能。ビールを飲みながらeスポーツを観戦したり、イベントを見たりできるというわけです。



ここはオーバーウォッチの会場。



会場では発表されたばかりのソンブラのデモプレイを体験可能。デモプレイには長蛇の列ができていました。



デモプレイの他にも開発者によるサイン会を実施。ユーザーとのつながりを大事にするBlizzardならではの光景と言えます。



オーバーウォッチのキャラクター・トレーサーの特大モデル。フィギュアの特大パッケージに入っています。



これも今にも動き出しそうなトレーサーのモデル。





とてつもなく大きなオーバーウォッチのパネルに何かの入り口を発見。中に入ってみると……



これまた大きなステージでオーバーウォッチのワールドカップが開催されていました。



会場ではフランス代表とロシア代表がバトルの最中。



円形のステージの左右に分かれて両チームが熱戦を繰り広げています。



みなさんはステージ……ではなく至るところに取り付けられたモニターを見ながら熱い試合を観戦。



フランス国旗をまとって自国を応援していた男性。フランスはロシア敗れてトーナメント敗退。ロシアはフランスとフィンランドに勝利を収めて決勝に進みました。決勝は現地時間の11月5日に開催されます。



オーバーウォッチのワールカップの熱気に押されつつ探索していると、グリーンのライトが輝く会場を発見。客席の一番後ろからステージまではかなり距離があります。



ここではWorld of Warの大会が開催されていました。



それにしてもものすごい数の観客。



Blizzcon 2016ではイベントやeスポーツだけでなく、アートワークの展示も実施されています。



貴重なアートワークの数々。



「World of Warcraft:Wrath of the Lich King」



「World of Warcraft:Mists of Pandaria」



「Diablo」



「スタークラフト」



「Diablo II」



「オーバーウォッチ」



「ハースストーン」などなど。



ここは「ハースストーン」のデモプレイ会場。



ハースストーンは世界選手権を開催中。世界中で開催されたトーナメントを勝ち抜いた8人が世界チャンピオンの栄冠と賞金25万ドル(約2580万円)を目指してバトルを繰り広げます。ハースストーン世界選手権は総額1億円以上という桁違いの賞金を誇り、決勝は現地時間の11月5日に開催予定です。



プレイヤーたちは特設ステージで対決。ステージのこだわりっぷりもものすごい。



こちらはDiabloのデモプレイコーナー。オープニングセレモニーで発表されたばかり新クラス「Necromancer」をプレイできるのは、参加者にとってはとてもうれしいこと。Diabloは現地での人気がすさまじく、ものすごい長蛇の行列ができていました。



◆2日目

2日目はオーバーウォッチやハースストーンなど各ゲーム大会の決勝戦が開催されました。「Heroes of the Storm」の決勝戦は立ち見客があふれかえるほど多くの人がつめかけていました。



ものすごい数の客席は満席。



男性の他にも女性のお客さんも多くいます。



「Heroes of the Storm」決勝戦で盛り上がる現地の様子は以下のムービーから確認可能です。

「Heroes of the Storm」決勝戦で盛り上がる現地の様子 - YouTube

Blizzcon 2016では、eスポーツや発表会以外にも各企業がイベントを実施していました。Asusや……



nVIDIA……



Rosewillといったブースでは最新機器でBlizzardのゲームを体験できるイベントを行っていました。