菅田将暉、恋愛映画の難しさを告白!

写真拡大

ジョージ朝倉による同名少女コミックを映画化した『溺れるナイフ』の初日舞台挨拶が11月5日にTOHOシネマズ新宿で開催され、小松菜奈、菅田将暉、重岡大毅(ジャニーズWEST)、上白石萌音、志磨遼平、山戸結希監督が登壇。初めて恋愛映画で主演を務めた菅田が「山崎賢人とか仲良いですけど、アイツすごいなと思った」と恋愛映画の難しさと、得た実感を語った。

【写真を見る】小松菜奈、ゴールドの水玉輝くドレス姿に会場もため息!全身写真はこちらから

本作は、田舎町へ引っ越してきた人気モデル・夏芽(小松)と、容姿端麗な青年・航一朗(菅田)との出会いと運命の恋の行方を描く物語。公開作も相次ぎ、多くの作品で様々な表情を見せている菅田だが、意外にも恋愛映画の主演は初めてのこととなった。

菅田は「完成して、公開できたのが信じられないくらいうれしい」と喜びを噛み締め、「壮絶な現場で、それが僕らの熱量につながった。何としても撮ってやろうという気持ちで作った」と告白。そう語るまでに壮絶な現場を経て、10代の破裂しそうな恋と衝動を映し出した映画が完成したが、菅田は「山崎賢人とか仲が良いですけど、アイツすごいなって思った」と友人でもある山崎の“すごさ”に気づいたと話す。

それは「ちゃんとかっこよくなきゃいけないし、美しくなきゃいけない。そうじゃないと、こいつら何をやっているんだろうというだけで終わってしまう。見てもらえる2人じゃないといけない」と恋愛映画ならではの難しさを実感したからだそう。

『溺れるナイフ』を「甘いシーンばかりではない」恋愛映画と分析し、「品が良くないと見てもらえないし、でも野性味もほしい。そのバランスが難しかった。どこか気高くないといけないけれど、血なまぐさい生き様を撮影しなければいけない」と激しい恋を描く本作ならではのハードルも多かった様子。

また小松も、撮影中は「本当に過酷すぎて、明日死ぬんじゃないかくらいの感覚だった」と激白。「初日を迎えられて純粋にうれしい。もの作りの大変さも痛感しました」と充実の表情を見せ、会場から大きな拍手を浴びていた。【取材・文/成田おり枝】