ZE:A ヒョンシク&パク・ボヨン、ラブラブモード全開のカップルグラビア公開

写真拡大 (全2枚)

ボーイズグループZE:Aのヒョンシクと女優パク・ボヨンの仲睦まじい姿が公開された。

ファッションメディア「ELLE」は創刊24周年を迎えた11月号を通じて、JTBCドラマ「力の強い女ト・ボンスン」で主演を務めるパク・ボヨンとヒョンシクのグラビアを公開した。

2017年上半期に韓国で放送予定の「力の強い女ト・ボンスン」は、怪力を持って生まれた女性が変わった男性を愛するようになるラブストーリーだ。

グラビアでパク・ボヨンとヒョンシクは初めての共演であるにもかかわらず“プライベートパーティー”というコンセプトに自然に溶け込んだ。

グラビア撮影後に行われたインタビューで、パク・ボヨンは自身が演じるト・ボンスンの役について「女性を代弁する役割です」と紹介し、「怒ったり興奮したら力がものすごく強くなります。指一本くらいは軽く折ることもできます。映画『X-Men』を見ながら、私を見ているようだと泣いたりもします」と明かし、ドラマに対する期待を高めた。

ドラマ「上流社会」「家族なのにどうして」などで演技力を証明したヒョンシクは、事前制作ドラマ「花(ファラン):ザ・ビギニング」に続き「力の強い女ト・ボンスン」を選び、パク・ボヨンと共演することになった。ヒョンシクは「財閥の御曹司だけど、すっきりとしたキャラクターです。台本を見てたくさん笑いました。すっきりとした演技ができそうです」と言いながらドラマに合流した感想を明かした。

ドラマ「力の強い女ト・ボンスン」は「愛するウンドン」のペク・ミギョン脚本家が執筆、「カッとナム・ジョンギ」のイ・ヒョンミン監督が演出を手がける。最近俳優ジスのキャスティングと共に本格的なドラマ撮影の始まりを知らせた。