B1A4、11月に完全体としてカムバック…タイトル曲はジニョンの自作曲

写真拡大

グループB1A4が11月末に完全体としてカムバックする。

B1A4が最近カムバックの日程を確定した。メンバーごとのソロ活動を精力的に展開していたB1A4は、完全体として今年を終える予定だ。

2015年8月に発売したアルバム「Sweet Girl」以降、1年3ヶ月ぶりのニューアルバムである。今回のアルバムもリーダーのジニョンのプロデュースで完成した。タイトル曲もジニョンの自作曲に決まったという。ミディアムテンポの感性溢れるナンバーが得意のジニョンが届けるタイトル曲に期待が集まっている。

ジニョンは完全体としての活動がなかった間、Mnet「プロデュース101」でプロデューサーとしての能力を認められた。B1A4はデビュー以降ジニョンの自作曲で活動を続け、安定的なファンダム(特定ファンの集まり) を確保している。

さらにジニョンは大ヒットしたドラマ「雲が描いた月明かり」にも出演し、勢いに乗っている。このような雰囲気の中でジニョンが率いるグループがジニョンの自作曲でカムバックすること自体が大衆の関心を集めるには十分である。

リーダー、プロデューサーそして俳優としての存在感も手にしたジニョンが再びB1A4として戻ってくる。長い空白期を破り、B1A4が今年どのような成績を挙げるか注目したい。