4日、韓国・イーデイリーによると、韓国警察がソウル都心で予定されていた朴大統領の下野を要求する市民団体によるデモ行進を禁止した。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

写真拡大

2016年11月4日、韓国・イーデイリーによると、韓国警察がソウル都心で予定されていた朴槿恵(パク・クネ)大統領の下野を要求する市民団体によるキャンドル集会デモ行進を禁止した。

ソウル地方警察庁と民衆総決起闘争本部(闘争本部)によると、韓国警察は5日午後4時、ソウル光化門広場で闘争本部が主催する「集まろう!怒ろう!降りてこい朴槿恵2次国民行動」キャンドル集会で予定されていた鍾路から乙支路方向へのデモ行進禁止の方針を打ち出し、主催者側に口頭で伝えた。警察は、交通渋滞予防と秩序の維持のために主要道路から集会やデモを制限できる「集会デモ法第12条」を根拠として提示した。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「警察に良心はあるのか」
「交通渋滞予防だって?言い訳にすぎない」
「そんなことで市民の怒りを抑え込めると思っているのか」

「警察は市民活動に口を出さず、じっとしていろ」
「交通状態になっても問題ない、行進しろ」
「この件に関して、警察に幕を引く権利はない」

「警察よ、禁止するのではなくデモ行進に参加しろ」
「今は、警察主催のキャンドル集会を開かねばならない時局ではないのか。禁止とはなんたることだ」
「今のゴタゴタを見て、全世界が嘲笑しているだろう」(翻訳・編集/三田)