ジョージ朝倉さんの大ヒットコミックの映画化『溺れるナイフ』で主人公・望月夏芽を演じた小松菜奈さんのインタビュー後半戦!


(c)Nosh

前半では、壮絶な現場での思い出を振り返っていただきました。

後半では、恋愛関係に陥る菅田将暉さん&重岡大毅さんの印象や、思い出深いシーンについて教えていただきましたよ♡

Q:作品内では、コウちゃん役の菅田将暉さん、大友役の重岡大毅さんと、かなり熱いお芝居をしていますよね。

小松菜奈(以下、小松):キャストを聞いたときに、すごくうれしかったです。年が近い人とお芝居するのも本当に楽しいんです。

「この人はこういう演技するんだな」とか「こう表現するんだな」と客観的にすごく見ちゃうんですよね。


(c)ジョージ朝倉/講談社 (c)2016「溺れるナイフ」製作委員会

Q:菅田将暉さんはいかがでしたか?

小松:菅田さんのお芝居は特に好きで。主演ではもちろん存在感があるし、主演を支える役でも、ちゃんと存在感を残していて、目で追ってしまう存在というか。

そこは、本当にコウちゃんと同じだなと思うんです。役によって全然見た目も違いますし、尊敬しています。


(c)ジョージ朝倉/講談社 (c)2016「溺れるナイフ」製作委員会

『溺れるナイフ』の前に『ディストラクション・ベイビーズ』でご一緒したんですけど、「初めまして」なのに、すごくやりやすくて。この人には手加減されたくないし、したくないなと思いました。

その映画で暴行シーンがあったんですけど、俳優さんは普通女優さんに手加減するんですよ。でも菅田さんは、「手加減するつもりなんてなかった」と言われて(笑)。

そういう意味で信頼関係があったので、『溺れるナイフ』も菅田さんで本当によかったと思います。

撮影中は生きていくのに必死だったので、本当に頼っていました。現場ではそんなにしゃべらず、いるだけで心地いいというか。

何でも相談できるし、すごく信頼している存在です。


(c)ジョージ朝倉/講談社 (c)2016「溺れるナイフ」製作委員会

Q:では、重岡さんはどうでしたか?

小松:現場にいるだけで明るくて、太陽みたいな存在でした。重岡さんは本当に役のままというか。

初めて台本読みのときに会ったんですけど、イケメンなのに安心感があって、見ると笑っちゃうんですよ(笑)。そういう人って、なかなかいないじゃないですか。

現場にいて、本当に大変な撮影で皆疲れて顔も死んできているのに、重岡さんが来ると皆が明るくなるんです。

『今日、重岡君来るよ!』みたいな。本当に大事な存在でした。

コウちゃんと違って包み込んでくれるような方で、男から見ても女から見ても好かれるタイプだな、すごいなって思っています。


(c)Nosh

Q:ベタベタな質問なんですけど、そんな二人だったらどちらを選びますか?

小松:好きになるとしたら、私も夏芽と同じでコウちゃん、付き合うとなったら大友だと思うんです。

大友は安定感があって一緒にいて明るくて楽しいから、結婚すら想像できる。でもコウちゃんは捕まえたいのに捕まえられなくて、振り向いてもくれない。

振り向いたと思ったらどこかへ行ってしまう。不思議な魅力があります。空気みたいな感じの人って気になってしまうんですよ。


(c)ジョージ朝倉/講談社 (c)2016「溺れるナイフ」製作委員会

Q:予告編でも流れている二人でバイクに乗って叫ぶシーンは最高ですね。

小松:あのシーン、実は台本と全然違うんです。菅田さんと「なんか違うよね」と話していて、監督に相談したら「よし、変えよう」となりました。

監督がマイクで「海〜」「雲〜」とか言っていて、それを私たちがリピートしているんですよ。ゲリラみたいな感じで撮影して、その場の感情でしか生まれない場面でした

。夏芽がちょっとうるっとする感じも決めていなくて、奇跡のショットで(笑)。

菅田さんはそこにすごく感動したらしく、「俺も泣きそうになった」と言ってくれたんです。


(c)ジョージ朝倉/講談社 (c)2016「溺れるナイフ」製作委員会

Q:最後に、これから観るNosh読者にメッセージをお願いします。

小松:人それぞれ観方が違うと思うんですけど、夏芽みたいな「衝撃的な恋をした」と同じ感じで、「衝撃的な作品に出会った」と思ってもらえたらうれしいです。

ほかの恋愛映画とは違って、簡単にひとつの言葉ではまとめられないようなメッセージ性があったり、感情があったりして、すごく熱いものを私自身が感じたので、皆さんにも感じてもらえればと思います。(取材・文・写真:赤山恭子)


(c)Nosh

映画『溺れるナイフ』は11月5日(土)より全国ロードショーです!

【関連記事】

※ 盛り上がる映画祭、イケメン・東出昌大と三宅宏実選手の身長差に萌え!

※ 吉沢亮、年上女性とデートするならどんなプラン?

※ 斎藤工、高梨臨のために奔走!? 「アイスマンでした」

※ BOYS AND MEN出演映画、ついに公開!【メンバーコメント全文掲載】

※ 夏木マリが「H.I.S」ヨーロッパ親善大使に!ゴージャスなパリツアーを企画