中国安徽省合肥市に街の1シーンを撮り続ける33歳のカメラマンがいる。彼の名は劉涛。世界の写真界が注目する人物だが、彼に大それた肩書はない。水道局の検針員として日々、街中を歩き回っている。

写真拡大

中国安徽省合肥市で水道局の検針員として働く劉涛(リウ・タオ)。33歳の彼は、米誌「タイム」に取り上げられるほどのカメラマンでもある。

【その他の写真】

上海の武装警察で勤務した後、検針員に転身した劉だが、撮影技術を学んだ経験は1日もない。しかし、作品に対する評価は高く、フランスの名高い画廊から「版権を売ってほしい」と驚くような値を提示されたことも。彼が尊敬しているのは日本人カメラマンの森山大道氏だ。同氏のことを「市井の人を知り尽くしている写真家」と語る。劉の目標は「森山氏の足跡をたどりながら、独自の作品を残すこと」だ。(編集/野谷)

●劉涛(リウ・タオ)
中国安徽省出身の33歳。水道局の検針員として働きながら、街で見つけた「偶然」にカメラを向ける毎日を過ごす。その作品は米誌「タイム」が取り上げるほど。日本人カメラマンの森山大道氏を尊敬している。