ホンダ VTRシリーズは乗りやすさとスタイリングから男女問わず多くのライダーに人気があるミドルクラス。

1

今回、VTRシリーズのカラーリングが一新され、Special Editionが追加されました。

スペシャルエディションの車体色はマットビュレットシルバー。フレームやヘッドライトリムなどのパーツをブラックで引き締め、極めつけはホイールのマットグレー。渋さ全開であります。

タンクにはストライプ柄のオリジナルグラフィックを採用し、立体エンブレムやブラウン色のシートで上品さをもたせています。ひと目見ただけで目に焼きつく珍しいカラーリングです。

実はこのカラー、今年の東京モーターサイクルショーで展示されたVTR250のカスタムコンセプトモデルがモチーフ。

かなりコンセプトモデルに近い状態での市販化となりました!

ハーフカウルが付いたモデルのVTR-Fもカラーリングが変更され、マット色になりました。フレームのレッドが効いてよりスポーティーなイメージに仕上がってますね。

スタンダードモデルは二色を採用。上質かつ落ち着きのあるカラーリングになりました。

カラーリングが一新されたVTR、かっこいいですね。SEモデルは今までのライダー層とは異なる方たちも気になるカラーリングになっているんじゃないでしょうか?

発売は全カラー・モデル共に2016年10月21日(金)となっています!

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


夜ツーにピッタリ!都会に佇むアメリカンダイナー「CLUB XIPHIAS」


こいつは一体何なんだ?!水陸両用のスーパーバイク「BISKI」


バイクで半袖短パンはいけないの?MotoBe編集長が思う見解


【モンスター】隼のエンジンを積んだ化け物マシン達がヤバすぎる!

ホンダ VTRシリーズのカラーリングが一新!特別カラーの「Special Edition」が渋い(http://clicccar.com/2016/11/05/410265/)