そもそも、不整脈とはどういう状態を指すのか。
 「一言でいえば、脈の打ち方がおかしくなることを意味する」と言うのは、医学博士・内浦尚之氏。
 「この中には、速い脈の頻脈や遅い徐脈も含まれますが、皆さんが初めて不整脈に気づかれるのは、ドキドキ動悸がしたり、脈をとってみると異常に遅かったり、逆に速すぎたり、または飛んだり、不規則になっている時が多いのではないかと思います。そして病院で心電図をとると、『不整脈が出ている』と言われて初めて分かる場合もあるでしょう」

 脈とは、心臓から押し出される血液の拍動が血管に伝わるもの。もし、心臓のリズムに異常が起きていれば、脈は乱れてしまう。心臓は筋肉でできた臓器で、その筋肉はかすかな電気が流れても興奮するし、動く仕組みになっている。
 例えば、洞結節(心臓右心房の上大静脈開口部近くにある組織)で電気が発生しない、または別の場所から電気が流れてしまうと、心臓が規則正しく興奮しなくなる。つまり、不整脈は心臓に流れる電気の異常や刺激が伝導路をうまく伝わらなくなってしまうということだ。
 「心臓にすでに病気があると、二次的に電気系統の異常が生じ、不整脈が出やすくなるのも事実。弁膜症になると心房や心室が大きくなり、電気の流れがおかしくなって脈が乱れやすくなります。高血圧の人、肺に病気がある人、甲状腺に異常がある人も不整脈が出やすいと言われています」
 血液・心臓研究に詳しい医療ジャーナリストはそう語る。

 また、このジャーナリストによれば、不整脈で最も怖いのは「心室細動」なのだという。
 「『心室細動』が起こった場合、救命のための心臓マッサージやAED(自動体外式除細動器)が有効となります。しかし、まだまだそうした認識は広まっていないのも事実です。さらに啓蒙する運動が必要だと思います」

 不整脈は、大きく分けて脈が遅くなる「徐脈」、速くなる「頻脈」、脈が飛ぶ「期外収縮」の3パターンがある。「心室細動」は、その中の「頻脈」の一つ。
 「健康な人の心臓は、電気刺激が心臓の心房から心室へ順番に伝わることによって規則的に収縮し、血液を送り出すポンプ機能を維持しています。しかし、『心室細動』は電気刺激がうまく伝わらず、心室が痙攣するだけで収縮しなくなり、心臓が止まってしまう。心臓突然死の70〜80%はこの『心室細動』が原因とされ、発症して心臓が停止すると約10秒で意識がなくなり、4分程で脳死状態になるのです」(同)

 「心室細動」で突然死する人は、倒れる前に急に脈が速くなったり、一瞬強くなったり、止まったりするような「期外収縮」や、激しい動悸などの自覚症状があった人も多いという。根本的な原因としては先天性の遺伝子異常もあるが、心臓に異常がない人でも、脱水や栄養障害、腎臓障害などが引き金になって発症するケースもあるので要注意だ。