パク・シヨン「作品ためならショートカット、白髪の魔女にも挑戦する」

写真拡大 (全2枚)

JTBCドラマ「ファンタスティック」でペク・ソル役を務め、年下男子ジスとロマンス演技を披露した女優パク・シヨンが演技に対する情熱を表した。

パク・シヨンは最近マガジン「COSMOPOLITAN」のインタビューで、「ファンタスティック」の撮影で忙しいスケジュールの中でも完璧に肌の調子を維持する秘訣を尋ねる質問に、「これは全て情熱的なホームケアのおかげだ。撮影がない日にもお肌の管理をいつも熱心にするので、肌の調子の波は大きくない」と答えた。

続いて、「目鼻立ちがはっきりしていて、ベースメイクが少し厚いだけでも印象が強くなる。それでグラビア撮影をする時はどんなメイクアップをしても関係ないが、ドラマや映画の撮影時はベースメイクを最大限軽く表現しようとする」と自身のノウハウも公開した。

一緒に、「秋には重みのあるトーンオントーン(同一色相) の衣装を着る。このような時は唇にベリーカラーでポイントを加えると、顔のトーンが豪華になって高級なオータムファッションが完成される」として、彼女ならではのオータムメイクとスタイリングの秘訣を伝授した。

また「作品のためならば、ショートカットでも白髪の魔女でも、どんな姿でも挑戦する覚悟がある」と、情熱あふれる言葉も付け加えた。