野村周平、早見あかり、秋元梢

写真拡大

 日本初となるグローバルフラッグシップストア「ニューバランス 原宿」のオープン記念イベントが11月4日、都内で開催され、野村周平、早見あかり、秋元梢がゲストとして登場。「ニューバランス」のプラットフォームである「ALWAYS IN BETA」が示す「BETA=日々進化を続ける人」の象徴として選ばれた3人が、同社の契約選手である五ヶ谷宏司(マラソン)、上田藍(トライアスロン)とともにトークを繰り広げた。

 同ショップとしては初となるカフェを併設し、シャワーブースも兼ね備えた店内を見た3人は、充実した設備に驚きを隠せない様子。野村は「以前からニューバランスのシューズの大ファン! 全世代の人に来てほしいですね」とアピールし、早見は「店内を巡っていたんですけど、ずっとワクワクしっぱなし。プライベートでも来たいです!」と満面の笑み。秋元は「女性のウェアも可愛いだけじゃなくて、かっこよく着こなせるものがいっぱいありますよね」と、商品の充実ぶりに感嘆していた。

 この日は、日本初導入となるブランド独自のランニングフォーム分析サービス「STRIDE ID」を、野村がオープンに先駆けて体験。3Dスキャンを使用して足型を計測後、店内にある陸上トラック風のレーンを走ることになった野村は「(上着を)脱がさせていただきますね」と気合十分。野村が走る姿を見て、秋元は「ずるいなあ。私もやりたい」とうらやましがり、早見は「私は皆さんの前で走るのはちょっと恥ずかしい」。野村の“かかとから着地する”フォームに適したシューズが選ばれると、野村は「こんなすぐに選んでくれるんですね!」と目を見開いていた。

 また、「日々進化していることは?」という質問が投げかけられるひと幕も。五ヶ谷さんが「感性」、上田さんが「想像力」と答えると、早見が「“人として”です。大人になっていくなかで仕事の幅も増えているので」と回答。普段からトレーニングを欠かさないという秋元が「肉体」とイメージぴったりの答えを披露する一方で、野村は「全て」と自信満々にコメント。「見るもの、触るもの、今は全てを吸収する時。体全部で進化してます」と話すが、「中々書けないことですよね」と突っ込まれ「ですよね…やっぱりちょっと恥ずかしい」と語り、早見や秋元の笑いを誘っていた。

 「ニューバランス 原宿」は、11月5日からオープン。