2日、中国のポータルサイト・今日頭条が、普通の日本人の生活は想像するほど良いものではないとする記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年11月2日、中国のポータルサイト・今日頭条が、普通の日本人の生活は想像するほど良いものではないとする記事を掲載した。

記事は、普通の日本人の生活として、福岡県のとある家の中の写真を紹介。そこには、簡素な家具、狭いキッチンに置かれた洗濯機、笠の付いていない電球、おかずの品数が少ない夕食、地べたに直接座っている様子、簡素な勉強机などが写っている。

これを見た中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「でもお金があったら日本に移民したい」
「日本はどんなにぼろい家でも財産権が永遠だ」
「どんなに小さい家でも中は清潔だ。この点では中国は比べようがない」

「日本人は小さくても自分の家があるんだからいいじゃないか。わが大中華の人間は住む場所がない人もいる」
「日本人はお得で実用的なものを求める。中国人は派手で豪華なものを求める」

「少なくとも日本には偽物が存在しない」
「日本人の強みは教育と国民の向上心にある。この点を中国人はしっかり見極めるべきだ」

「収入が日本の1/10しかないのに日本人のことを憐れむのか」
「夜郎自大はやめようよ。日本は中国より30年進んでいるというのは紛れもない事実だ」

「中国人であることはなんて幸福なことなんだ!外国人はみんな苦しい生活を送っているんだ!」
「日本人の生活がそんなにもひどいなら、なぜ多くの中国人は日本に行って働くんだ?そしてなぜ日本人が中国に来て働かないんだ?」(翻訳・編集/山中)