CNBLUE カン・ミンヒョク「ミュージックバンク」MCとして最後の挨拶…“K-POPを紹介できて光栄だった”

写真拡大

CNBLUEのカン・ミンヒョクが「ミュージックバンク」から降板した。

韓国で4日午後に放送されたKBS 2TV音楽番組「ミュージックバンク」では、MCのカン・ミンヒョクが降板した。

同日、カン・ミンヒョクは「短い間だったが、ともにすることができて楽しかった。これまでK-POPの歌手たちを紹介できて光栄だった。去る人より残される人のほうが大変だと思うが、ソルビンさんに申し訳ない。僕がもっと頼もしくするべきだった」と潤った瞳で降板の感想を述べた。

LABOUMのソルビンは「これまでたくさんのことを学んだ。本当に残念だ」と涙をこらえた。防弾少年団のジミンはカン・ミンヒョクに花束を渡した。

同日の「ミュージックバンク」にはEXO-CBX、SF9、VIXX、Davichi、Dal★Shabet、The EastLight、LADIES' CODE、MATILDA、Monday Kiz、MONSTA X、防弾少年団、Berry Good、Block BのユニットBASTARZ、I.O.I、NC.A、WAX、24K、Twice、PENTAGONらが出演した。1位はTwiceであった。