透き通るスープ

写真拡大

肉料理以外も美味しいグルメ満載!!

10月26日より上野松坂屋で開催中の『食べるために生きる男 寺門ジモン厳選!極上!!グルメ祭り』は、連日多くの人で賑わっています。

カロリーがヤバいのではと噂のケンタッキー新商品「CHIZZA」→意外にそこまででもなかった

グルメ通の寺門ジモンさんが、自信を持ってお勧めする料理だけがズラリと並んだこのイベント。前回のレポート<【肉】絶品メンチに1万円の超高級“肉弁当”も! 寺門ジモン厳選グルメ祭りで見つけた“必食肉メニュー”【実食レポ】>で紹介しきれなかった、美味しいグルメを紹介します!

彦摩呂さん登場のトークショーではアノ“名セリフ”誕生の秘話も!?

開催当日に行われたトークショーでは、ゲストにグルメリポーターの「彦摩呂」さんを迎え、寺門ジモンさんと、グルメについての楽しい裏話を語りました。

彦摩呂さんの「海の宝石箱や〜!!」が実は土田晃之さんからパクったんじゃないか?という噂があるそうですが、実は「味のIT革命やぁ〜!!」は、土田さんから正式に頂いた言葉だそうで、「海の宝石箱や〜!!」は、自分のオリジナルなのだとか。

また、ジモンさんがナゼ最近になってグルメのことをしゃべるようになったのかというと、普段から食べ物のことを話し始めると、話の流れが止まってしまうので、ダチョウ倶楽部からストップがかかっていたことを明かしました。

しかし、浅草キッドさんや東野幸治さんらが、面白いから喋った方がいいと言われ「取材拒否の店」という番組が誕生したそうです。

さて、そんなジモンさんの選んだ極上料理が食べられる会場へ行ってみましょう。

どの店も採算度返し!!『極上肉』を提供

トークショーの中でも語っていたのですが、今回出店の37店は、ジモンさんが食べ歩いたお店の中で選りすぐりのお店ばかりです。

プライベートで食べ歩きして出会った美味しいお店には、何度も通うそうなのですが、今回参加の37店もその中の一部だそう。

仕事で初めて食べに行ったお店が、たまたまおいしかったから紹介しているのではない!!と豪語するジモンさんが自分のことのように自慢するのは、本当に美味しくて店主の心意気が良いお店ばかり。

確かに口うるさいジモンさんを受け入れてくれるお店ですから、いいお店ですよね(笑)

さて、そんなジモンさんがおススメしているのは「近江姫和牛」。

近江姫和牛は、祭事では使っちゃいけないくらい高級品だそう。

ステーキ弁当が¥2,700とちょっとお高めに思えると思いますが、実は普通にお店で食べたら¥6,000はする代物。

今回ジモンさんの為にと、「東京大阪食肉市場直送 焼肉屋 D-29」も頑張ってくれたのだとか。

そしてジモンさんの番組中によく登場するのは「もんじゃ焼き 大木屋」の『肉のエアーズロック』!! 分厚い岩のような肉の塊が、目の前でワイルドに焼かれるところを見ることができます。

ステーキは牛だけでなく「アワビ」も!!

「山梨県」からは、アワビのステーキ弁当。

山梨県は、海なし県と言われているのに、なんでアワビなんだろう??と思う方もいますよね?

その昔、海がなかった山梨県では、海産物を運ぶために、駿河湾で陸揚げされたアワビを醤油に漬け、馬の背にのせて持ち帰りました。

すると、なんてことでしょう!とても程よく醤油に漬かったアワビが出来上がっていたのです。

・・・・と、いうことで、当時は駿河湾から山梨までの距離が、イイ感じにアワビが漬かるとも言われていたそうで、現在もアワビは山梨の名物になっているのです。

よく醤油が沁み込んだ柔らかーいアワビの贅沢なお弁当は、アワビ好き必食の美味しさです。

イートインスペースで福岡の激ウマラーメン発見!!

イートインスペースで見つけたのは今回が初出店の「麺劇場 玄瑛(げんえい)」。

透き通るようなスープに、イベリコ豚が乗った「XO醤イベリコ豚の醤油ラーメン」。

福岡へ行かなければ食べられないこのラーメン、実食いたします!!

アッサリとした淡麗系スープに、濃厚な味わいのイベリコ豚が乗せられたラーメンは、香りも芳醇!!

細麺縮れの手もみ麺は弾力が強くて、撮影後に食べてもまったくのびていない。

福岡のラーメンといえば、細麺はすぐにのびてしまうイメージだったけど、これはちょっと驚き。

いい意味で「ゴム」のような強い弾力があり、噛みごたえを堪能することができる。

太麺だと疲れてしまうけど、細麺だから程よくて絶妙!!

淡麗クリアなスープに、炙ったイベリコ豚がアクセントの麺は、ぜひ味わってほしい一杯。

極上角煮にコロッケ!!食べ歩きもできちゃう

長崎の「豚角屋 こじま」からは、角煮まん。

濃厚な豚の味わいが織り交ざる特製ダレが、チャイナパンにジュワーッと沁みこんでいます。

辛子をつけてパクリ!!ツンとした辛子の香りと甘辛な角煮が堪らない〜!!

会場内で蒸かしたものを提供しているので、ぜひ長崎名物を召し上がってみてください。

横浜の「加藤牛肉店」は、開店してすぐに「山形牛の手ほぐしコンビーフ」が完売。

これは早く行かないと手にできない人気商品です。

コンビーフは売り切れでしたが、揚げ物はまだまだありました。

実は特製メンチが切れていたのですが、ちょっと待ったら新しいのが運ばれてきました

揚げたての熱々を頂きます〜!!

サックサクの衣と、ジュワ〜ッと溢れる肉汁がウマ過ぎるー!!

あー、ビール飲みたい(笑)

お肉屋さんのコロッケやメンチカツって、何でこんなに美味しいんだろう。

銀座の「吉澤」でもメンチやビーフカツを販売。

タイミングよく揚げたての「黒毛和牛のビーフカツ」をゲット。

高級黒毛和牛を何層にも重ねたものを揚げた絶品カツ。

店頭で売ってるステーキ肉にはなかなか手が出せませんが、カツならなんとか・・・・(汗)

お肉が柔らかくて、甘い!!特製のソースもつけてくれたので、更にそれを付けて食べると美味しさが増します。サクサク、ハフハフ、夢中になって食べてしまいました。

プルうま“わらび餅”に激ウマソフトクリームもおススメ

美味しいお料理を食べた後って、なぜかデザートが食べたくなりませんか?

会場には、最後まで容赦なく美味しく楽しんでもらおうと、ジモンさんのおススメスイーツ店が出店。

「武膳」は、もっちもちのわらび餅を提供。

試食で食べた人たちが、「こんなにプルプル、もっちもちのわらび餅は食べたことがない!!」と、口々に言うくらい、感激する触感。

みずみずしさともちもち感で、思わず手が止まらなくなってしまいます。 試食じゃなくて、本気食いしてしまいそうになる危険な味。 東京土産としてもおススメです。

そしてやっぱり食後は冷たいデザートがいい!!という方におススメなのが、軽井沢から出店中の「軽井沢グーギーズベリー」。

軽井沢のヨーグルト専門店、グーギーズベリーからは「フローズンヨーグルト」。

信州産生乳100%のヨーグルトで作っているこのソフトは、乳酸菌が生きているので、食後の消化の助けになります。

腸内が健康になることで、今日食べた分のカロリーも、燃焼しやすくなりますよー!!

グーギーズベリーの他にも、銀座資生堂パーラーのソフトカスタードを味わえますので、銀座の老舗店の味も楽しんでくださいね!!

最後まで抜け目ないこのイベントは、まだまだやってますので、ぜひ上野松坂屋に来てくださいね〜!!

イベント概要

■『食べるために生きる男 寺門ジモン厳選!極上!!グルメ祭り』

期間:2016年10月26日(水)〜11月7日(月)
営業時間:午前10時〜午後8時 ※最終日は午後6時閉場
場所:松坂屋上野店 本館6階 催事場
出展店舗数:37店舗
ミート矢澤(五反田)/あげ福(五反田)/加藤牛肉店(横浜)(イートイン)/麺劇場 玄瑛(福岡)(イートイン)/リベラ×澤井牧場/江戸しゃり/もんじゃ鉄板焼き 大木屋(市谷)/東京大阪食肉市場直送肉焼屋D-29(三田)/ステーキてっぺい×六本木Buff(六本木)/ゴールドラッシュ(渋谷)うどん武膳(神田)/吉澤(銀座)/武膳/天のや(麻布十番)/軽井沢グーギーズベリー(軽井沢)/満月廬(新宿)/YSC-LAND(静岡)/ルフトヒダ(岐阜)/鮨さいとう(六本木)/ほねラボラトリー×玄武庵(恵比寿、相模原)/居酒屋さざん(海老名)/新世界グリル梵(大阪)/グリル福よし(相模原)/炭火焼ゆうじ(渋谷)/戸田亘のお好み焼き さんて寛(六本木)/広尾のカレー(広尾)/バンビ(台東)/ジモンショップ/橋本屋(埼玉)/信玄食品(山梨)/角煮屋こじま(長崎)/高級輪菓子 禅(白金)/博多 越後屋(福岡)/タキザワハム(栃木)/資生堂パーラー(座)/ステーキハウス リベラ(目黒)(イートイン)/煙事(銀座)(イートイン)
※出店店舗 ・ メニュー等については変更になる場合があります。