四川省成都市青羊区鑼鍋巷にある「成都原点」という記念プレートの前で24日、ある父子が中国を反時計回りで一周する旅を無事終えた。半年前の5月8日、父と子は、ちょうどこの場所から旅に出た。

写真拡大

四川省成都市青羊区鑼鍋巷にある「成都原点」という記念プレートの前で24日、●傳興(パン・チュワンシン、●はまだれに龍)さん(43)と5歳半になる息子の●一くんは中国を反時計回りで一周する旅を無事終えた。半年前の5月8日、父と子は、ちょうどこの場所から旅に出た。成都商報が伝えた。

【その他の写真】

父と子と一緒に旅に出たのは、自らカメラマンの任務を引き受けた「強哥」のほか、1年余りかけて取りまとめ、出版した「恩人リスト」だった。そのリストには、1000人以上の自分を助けてくれたクラスメート、友人、先生の名前が書かれている。●傳興さんは彼らに再会して感謝の言葉を述べ、そして息子にも感謝と愛について伝えたいと考えたのだ。

旅が進むにつれ、旧友に会うことが叶った●傳興さんはうれしさと同時に心配ごとも生じた。訪れた各地で、友人たちは準備万端整えて父子を歓待してくれたため、「自分は感謝の旅をしているというのに、反対に彼らに面倒をかけているのではないか?」という思いが胸をよぎったのだ。

自分は何をしたらよいのかと考えた●傳興さんは偶然、新疆ウイグル自治区沢普県で働いている友達から、新疆出身のある大学生が、家庭の貧困から大学中退に追い込まれていることを知った。そこでその学生に資金援助を申し出た。「彼の実家を訪れたが、赤貧そのもの、家中すきま風が吹いていた」と話す。その学生に2万元(約30万円)を寄付した上、その学生が通う大学がある太原市に立ち寄った時、わざわざ本人に会いにいった。

その後も友人たちの助けを借りて、新疆の2つの小学校に通う児童にかばんと文房具100セット余りを送った。●傳興さんは「息子からプレゼントさせることで、息子も一緒に成長できた。もともと内気だった息子が、この時ばかりは落ち着いてしっかりしていた」と感慨深げに話した。(提供/人民網日本語版・編集/KM)