受信最大500Mbpsに対応したXperia XZ SO-01J

写真拡大

 NTTドコモは2016年10月19日に2016-2017 冬春 新サービス・新商品発表会を開催し、ネットワークに新技術を導入することを改めて紹介し、新技術に対応した製品を初めて披露した。

◆LTE-Advancedの新技術を導入

 NTTドコモはLTEを高度化したLTE-AdvancedによるサービスをPREMIUM 4Gとして提供しており、LTE-Advancedの技術として受信のキャリアアグリゲーション(CA)を導入済みである。

 CAとは複数の搬送波を束ねて通信する技術で、ネットワークの高速化や安定性の向上などを実現する。CAの導入当初は2つの搬送波を束ねていたが、3つの搬送波を束ねるCAも導入しており、通信速度は受信最大375Mbpsで提供している。

 NTTドコモは2016年9月にネットワークの高度化に関して発表しており、CAに加えてQAM拡張とMIMO拡張の計画を明らかにした。QAM拡張は受信の変調方式を従来の64QAMから256QAMとし、1度に運べる情報量を6ビットから8ビットとする。MIMO拡張は従来の2×2 MIMOから4×4 MIMOとなり、4×4 MIMOは基地局側と端末側でそれぞれ4本ずつのアンテナを利用して通信する。

◆通信速度を高速化!

 NTTドコモがLTEで使用する周波数はFDD-LTE方式が2GHz帯(Band 1)、1.7GHz帯(Band 3)、1.5GHz帯(Band 21)、800MHz帯(Band 19)、700MHz帯(Band 28)、TD-LTE方式が3.5GHz帯(Band 42)である。FDD-LTE方式では256QAMを導入し、TD-LTE方式では256QAMと4×4 MIMOを導入する。導入時期は256QAMが2017年3月、4×4 MIMOが2017年3月以降の予定としている。

 発表会の会場では主要な周波数における新技術適用前後の通信速度をパネルで比較していたが、パネルに記載されていない周波数も含めて新技術適用前後の通信速度(受信最大)を見てみよう(表1)。

⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=115807

 従来はCAにより2GHz帯、1.7GHz帯、800MHz帯を束ねて受信最大375Mbpsを実現していたが、CAと256QAMを組み合わせることで通信速度は受信最大500Mbpsとなる。

 また、1.7GHz帯と2つの3.5GHz帯の搬送波を束ねたCAでは受信最大370Mbpsとしていたが、CAに加えて256QAMと4×4 MIMOを組み合わせることで受信最大682Mbpsに達する。

 なお、新技術の導入により受信は強化しているが、送信は従来と変わらない。NTTドコモによると、動画の視聴など受信の利用が多いため、受信を優先して強化するという。

◆新技術対応の製品が登場

 発表会では256QAMや4×4 MIMOに対応した製品が初めて発表された。256QAMに対応した製品はV20 PRO L-01J(LGエレクトロニクス製)、Xperia XZ SO-01J(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)、256QAMと4×4 MIMOに対応した製品はWi-Fi STATION N-01J(NECプラットフォームズ製)である。

V20 PRO L-01JとXperia XZ SO-01Jはドコモスマートフォンに分類される製品で、受信最大500Mbpsとなる。いずれもチップセットはクアルコム製のMSM8996を搭載し、LTEカテゴリ11に対応する。Wi-Fi STATION N-01Jはデータ通信製品に分類されるモバイル無線LANルータで、受信最大682Mbpsとなる。チップセットはクアルコム製のMDM9250を搭載し、LTE DLカテゴリ16およびLTE ULカテゴリ3に対応する。

◆アンテナピクトがLTEから変更

 これまでNTTドコモの型番規則に従った型番が与えられた製品はLTE接続時にアンテナピクトはLTEと表示されるが、発表会で公開された新製品からは4Gまたは4G+に変更された。LTE接続時にCA非対応の製品では4G、CA対応の製品では常に4G+の表示になると説明を受けた。

 NTTドコモはアンテナピクトを変更した理由として「一部製品で通信速度が500Mbpsを超えたため」「PREMIUM 4Gのエリアが当初と比較して拡大し、顧客が高速通信を体感できる環境が充実したため」と説明している。LTEと表示される従来の製品に関しては、ソフトウェア更新で4Gまたは4G+に変更される可能性もあるという。