『スター・トレック BEYOND』にゲイを登場させた理由――脚本兼出演のサイモン・ペッグが語る

写真拡大

 1966年にアメリカでテレビドラマ(『宇宙大作戦』)としてスタートし、世界中に“トレッキー”と呼ばれる熱狂的なファンを持つ「スター・トレック」。その世界をJ・J・エイブラムスが再構築したシリーズ第3作『スター・トレック BEYOND』が10月21日より公開中です。

 クルーのひとり、モンゴメリー・スコットを演じ、共同脚本も務めるサイモン・ペッグさん(『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ミッション・インポッシブル』シリーズ)にインタビュー。今作では、オリジナル版で日系アメリカ人のジョージ・タケイさんが演じた、スールーがゲイであるという新たな設定も。その理由も伺いました。

◆“スター・トレック”に見落とされていたもの

――脚本を執筆するにあたり、「スター・トレック」の世界観として守った点、本作で新たに打ち出した点を教えてください。

サイモン:守ろうと思ったところは多様な人々が登場すること。宇宙を冒険し、旅を共有するところ。まさに「スター・トレック」の素晴らしい、大好きな点だね。前2作は旅自体に出ていなかったけれど、今作は遠い宇宙で物語が展開する。

“BEYOND”とは“超える”ことだけど、「スター・トレック」のミッションとして常に語られているように、未開のところに踏み入り、誰も経験したことのない場でさまざまなものを超えていく点を描いた。クルーたちに苦労をさせてね(笑)。そしてその、まだ行ったことのない、宇宙のある部分が今回の新しさでもあるよ。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=612658

――スールーがゲイであるという設定はどこから?

サイモン:「スター・トレック」はもともと多様性を出している作品。とはいえ、ゲイということに関してはまったく出されていなくて、見落とされていると感じていた。きっとオリジナルがスタートした1966年から、制作者のジーン・ロッデンベリーはやりたかったのではないかと思う。でも当時は実現しなかったんじゃないかな。人種間の絆だけでも、あれだけの反響があったわけだからね。

 今回、スールーがゲイということに関して、とってもさりげない形で出した。その人の性的嗜好というのは、会って瞬時に分かるものではなく、その人を知ってから分かることだから、前2作でまず人としてのスールーを知ってもらい、今回さらに彼を知ってもらった。ゲイであれ、バイであれ、トランスジェンダーであれ、十分あることだからね。

◆ビースティ・ボーイズが宇宙を救う

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=612682

――途中でカーク(クリス・パイン)のバイクアクションが登場します。これは『ワイルド・スピード』で知られるジャスティン・リンが監督だから?

サイモン:この案はもともとジャスティンの案なんだ。最初に聞いたときは、共同脚本のダグ・ユングと「え?」となったよ(笑)。バイクはフランクリン号という古い宇宙船の中で見つかる。500年以上前の船にあったリアルな交通手段だ。空飛ぶ車とかではなしにね。カークの父が似たバイクを所有していたということもあり、結果的に、過去と現在がつながる象徴的な意味合いを出すこともできた。意味を理解して、とても深いアイテムだと気づいたよ。

――ビースティ・ボーイズの曲で敵を撃退するシーンが爽快でした。

サイモン:僕らは古いものと新しいものを結びつけることを、案として気に入っていた。バイクもそのひとつになった。フランクリン号には、昔の地球のものがどっさり詰まっていて、そこで昔の音楽も見つかる。敵に向かうシーンで使うことになり、最初はエディ・フロイドの「ビッグ・バード」を思い浮かべていたんだ。そしたらジャスティンがビースティ・ボーイズの「サボタージュ」がいいんじゃないかと。前作にもビースティ・ボーイズは使われているし。とても愉快な展開になったよ。ビースティ・ボーイズが宇宙を救うんだから(笑)。

◆もし実際に宇宙人に遭遇したら?

――サイモンさんが憧れていたヒーローや表現者は?

サイモン:若いころは(『スター・ウォーズ』の)ルーク・スカイウォーカーかな。もう少し年を重ねてからはスティーブン・スピルバーグやマーティン・スコセッシ、コーエン兄弟などのフィルムメーカーがヒーローになった。そのほかにも多くの俳優やコメディアン、たくさんのヒーローがいすぎて挙げ切れないよ(笑)。

――『スター・トレック』だけでなく、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』や『宇宙人ポール』(主演兼脚本)にも出演されていますが、もし実際に宇宙人に遭遇したら?

サイモン:可能な限り友好的な状況であってほしい。『インデペンデンス・デイ』的なことにはならないように願うよ。地球人を代表して、極力、歓迎の意を表して迎えたい。彼なのか彼女なのか分からないけれど、レーザーガンで撃たれないようにね(笑)。

<TEXT&PHOTO/望月ふみ>

『スター・トレック BEYOND』は10月21日より公開
配給:東和ピクチャーズ
(C) 2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.STAR TREK and related marks are trademarks of CBS Studios Inc.