写真提供:マイナビニュース

写真拡大

コトブキヤが展開するフィギュアシリーズ「ARTFX+」より、映画『スター・ウォーズ』シリーズのボバ・フェットが再生産され、2017年4月に発売することが決定した。現在「コトブキヤオンラインショップ」にて予約受付中で、価格は6,480円(税込)。

「ARTFX+」シリーズは、コトブキヤがオリジナルのコンセプトで展開するダイナミックなポージングフィギュアで、主に海外作品を立体化してきた「ARTFX」シリーズに「+」要素を加えたライン。「ARTFX」シリーズよりも安価でスケールダウンによるコレクションサイズを追求している。これまでに『スター・ウォーズ』シリーズのほかにも、アメコミなどからさまざまなキャラクターが立体化されてきた。

フィギュアには、腕部差し替えパーツが付属し、組み替えてライフルを構えたポーズとライフルを下げた姿をとることが可能。足裏はマグネットになっており、メタルプレート製ベースで自由度高く飾ることができ、「ARTFX+ ダース・ベイダー クラウド・シティ版」や「ストームトルーパービルドパック」と並べて映画の1シーンを再現することも可能となっている。

商品価格は6,480円(税込)で、現在「コトブキヤオンラインショップ」にて予約受付中。商品の発売および発送は2017年4月を予定している。

(C) & TM Lucasfilm Ltd.