11月シリーズは25名を招集。アジア最終予選でグループ首位に立つサウジアラビアとの一戦は、ロシア行きを占う最重要ゲームとなる。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全6枚)

 11月4日、日本協会は同11日のオマーン戦(キリンチャレンジカップ2016)と同15日のサウジアラビア戦(ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選第5節)に挑む日本代表メンバー25名を発表した。
 
 試合日程は以下のとおり。
 
[キリンチャレンジカップ2016]
日本代表対オマーン代表/茨城県立カシマサッカースタジアム/19:20キックオフ
 
[ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選第5節]
日本代表対サウジアラビア代表/埼玉スタジアム2002/19:35キックオフ
 
「サウジアラビアに似ている」(ヴァイッド・ハリルホジッチ監督)というオマーン戦は、テストの場になる。サウジ戦を想定したシミュレーションであるのはもちろん、指揮官は「あまりプレー機会のない選手や、海外で試合に出られていない選手もここでチャンスを与えたい」と明言している。
 
 そしてサウジ戦は、絶対に勝たなければならない一戦だ。日本は最終予選で4試合を終え、2勝1分1敗の勝点7でグループ3位にいる。サウジアラビアは勝点10で首位に立つだけに、勝てば一気に上位陣との差を詰められることになる。
 
 選ばれた25名の内訳をポジション別に見ていくと、GKが3人、DFが8人、MFとFWが7人ずつ。以下、基本システムの4-3-3に沿って、各セクションの序列を考察していく。
 
【GK/3人(欧州組1人 国内組2人)】
◎西川周作(浦和)/○東口順昭(G大阪)/△川島永嗣(メス)
 
 GKの顔ぶれは、前回の11月シリーズと変わらず。序列も西川がファーストチョイスとなり、2番手に東口、そして“メンタルプレーヤー”の川島という順番だろう。
 
 もっとも、川島に関しては少なからず「前進」があるようだ。ハリルホジッチ監督は「前回の合宿でたくさんのことを見せてくれた。コンディションも良い。GKコーチも彼のパフォーマンスには満足している」とコメント。まだ所属クラブでレギュラーを取れていないだけに、序列は低いままだが、トレーニングでのアピール次第ではオマーン戦での起用はあるかもしれない。
 
※凡例:◎=スタメン候補 ○=準レギュラー △=三番手
 
【DF/8人(欧州組4人 国内組4人)】
CB:◎吉田麻也(サウサンプトン)/◎森重真人(FC東京)/△丸山祐市(FC東京)/△植田直通(鹿島)
 
 吉田と森重は“鉄板”のふたり。とりわけ森重はJリーグでも高いパフォーマンスをキープしており、良い状態で代表活動に入れそうだ。
 
 吉田は相変わらずプレミアリーグで出番に恵まれないが、カップ戦にはコンスタントに出場しているだけに、そこまで試合勘を心配しなくてもいいだろう。
 
 バックアッパーには丸山、植田が控える。レギュラー組とはまだ開きがあるが、ハリルホジッチ監督は、前者に関しては「ポジティブな発見。トレーニング中の安定感も増してきている」、後者については「若くてクオリティもある。将来のA代表にとって大事な選手」と、それぞれに小さくない期待を寄せている。
 
 森重と吉田はすでにイエローカードをもらっているだけに、今後は累積で出場停止の恐れがある。もしもの時のために、丸山と植田には実戦経験を積ませておく必要があるはず。オマーン戦では出場の機会があるかもしれない。
 
右SB:◎酒井宏樹(マルセイユ)/〇酒井高徳(ハンブルク)
左SB:◎長友佑都(インテル)/〇槙野智章(浦和)
 
 右SBは常連の“ダブル酒井”がポジションを争う構図だ。10月11日のオーストラリア戦では、酒井宏が累積警告で出場できず、酒井高がフル出場を果たし、及第点のプレーを見せた。得点力不足が現チームの課題である以上、より攻撃的な酒井宏を布陣図では一番上に置いたが、両者は実力的に大きな差はない。コンディションの良いほうが、サウジ戦のスターティングメンバーに名を連ねるはずだ。