ブリヂストンは4日、日産自動車が2日に発売した「NOTE e-POWER」の新車装着タイヤとして、「ECOPIA(エコピア)」の納入を開始したと発表した。

 「ECOPIA」は、安全性能や操縦性能、乗り心地性能などタイヤに求められる諸性能を高次元で維持しながら、転がり抵抗の低減を追求したタイヤブランド。

 現在では様々な車種に向けた商品ラインアップを揃えており、高い評価を得ているという。その中の「ECOPIA EP150」は、同社の材料技術である「ナノプロ・テック」を適用したゴムを採用している。