タランティーノ監督、公の場で引退を表明

写真拡大

クエンティン・タランティーノ監督が、カンファレンスの場で引退を表明した。

「レザボア・ドッグス」などでおなじみのタランティーノ監督は、あと2作品を製作して、自身の作品が全10作品になったところで引退すると、米サンディエゴで行われたクリエイティビティ・カンファレンス「アドビ・マックス」の場で改めて発表した。

タランティーノ監督は以前から「10作品をめどに引退する」と宣言しており、2014年のインタビューの中でも「完全に決まったわけじゃないけど、10作品作ったら監督を辞めるつもりさ。でももしかしたら75歳になったとき、また別の作品を作ろうとするかもね」と話していた。

今回のカンファレンスの中でタランティーノ監督は、自身の成功の定義について「僕が自分のキャリアを終えた時に位置づけたい成功の定義としては、史上最も素晴らしい映画監督の一人として認識されることかな。もっと言うならば、映画監督としてだけではなく、最高のアーティストとしても認識されたいね」とコメント。

さらに映画製作の過程においても幾つかの秘密を明かしており、自身のレコードコレクションが保管してある、古いレコードショップを彷彿させるようなデザインの部屋があり、そこを歩き回って新しい脚本を考えるのだという。「脚本の中の言葉は音や歌から派生するんだ。脚本を書き始める時、僕は真剣に音楽のことを考えるんだ。音楽を聞きながらカンヌ国際映画祭にいるみんなが気に入っている様子を想像するんだよ」。

そんなタランティーノ監督が、いつ次回の長編作品に取りかかるのかはわかっていないものの、現在は1970年代をテーマにしたドキュメンタリー作品を製作していると見られている。