中国では最近、コスプレが新しい職業になりつつある。

写真拡大

コスプレというと、子供がアニメやゲームのキャラクターに扮するというのが多くの人のイメージかもしれない。しかし、中国では最近、コスプレが新しい職業になりつつある。では、プロのコスプレイヤーはどんな生活をしているのだろう?中国新聞社が伝えた。

あるコスプレイヤーは「華やかに見えるかもしれないが、本当はとても大変」と話す。プロのコスプレイヤーになるためには、顔面偏差値が高く、プロポーションが良いことのほか、二次元(アニメ・漫画・ゲーム)の世界について十分理解している必要があり、年收は数万元から30万元(数十万円から450万円)までさまざまという。

コスプレは誰にでもできる。10年以上コスプレイヤーをしているという「瀲玉縁」さんは、「衣裳を用意して、自分の好きなキャラクターに扮して写真を撮るだけ。写真を撮らなくても、衣裳を着るだけでもコスプレ」と話すように、その敷居はとても低く、アニメやゲームが普及するにつれ、コスプレを楽しむ人もますます増加している。そしてコスプレイヤーの多くはアニメ関連のイベントなどによくその姿を現す。今年4日間にわたり行われたゲームイベント「China Joy」の来場者は前年比19.2%増の32万5000人と、過去最高を記録した。そのうち7月30日の入場者数は10万8000人と、1日当たりの入場者数としても過去最高を記録した。

猫猫さん(仮名)は「プロのコスプレイヤーになりたいなら、顔面偏差値が高く、プロポーションが良いというのは絶対条件で、その他にもアニメやゲームといった二次元の世界について理解していなければならない」と話す。

一見するとのんびりしていて、とても楽しそうに見えるコスプレイヤーだが、猫猫さんは「何枚も重ねて着るような衣装のため、とても暑い。また、早朝からばっちりメイクを施し、さらに女性なら1日中長い髪をウィッグの中に押し込んでおかなければならない。1日中ぶ厚いメイクで過ごすのは本当に大変」とこぼす。

中国のコスプレ界では有名な「黒天工作室(H−TEAM)」のコスプレイヤーの育成方法はアイドル育成に似ている。黒天工作室の事業担当ディレクター舟舟さんによると、「現在、約40人のコスプレイヤーと契約している。事業内容はマネージメント会社と同じ。訓練学校に相当する『黒天学院』も設置している。毎年、中国全土の5都市で新人コスプレイヤーを募集し、優秀者な人材とは全員契約する」と話す。

舟舟さんによると、「黒天工作室」の優秀なコスプレイヤーなら年収20〜30万元(約300〜450万円)にもなるという。しかし一方で、新人の場合は年収わずか数万元(数十万円)程度という。高収入を目指す場合、「やはりその人気とファンの数次第。人気さえ出れば、収入はあっという間に増える」ということだ。

しかし前述の「瀲玉縁」さんは、コスプレを自分の趣味にとどめている。「仕事はあるし、コスプレは遊び。コスプレを仕事にすることはない。仕事でコスプレをする必要があったとしてもしない。思いついた時や写真を取りたいと思った時にすればよく、自由だから楽しい。自分の趣味を仕事にするのは好きではない。趣味は趣味、仕事は仕事だから気楽にできる」としている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)