11月4日放送の第5話で“ダシュウの村”を訪ねたヨシヒコ(山田孝之)一行/(C)「勇者ヨシヒコと導かれし七人」製作委員会

写真拡大

11月4日に放送されたドラマ24「勇者ヨシヒコと導かれし七人」(毎週金曜夜0:12-0:52ほか、テレビ東京系)の第5話で、日本テレビ系の人気バラエティー番組「ザ!鉄腕!DASH!!」(毎週日曜夜7:00-7:58)の人気コーナー「DASH村」のパロディーが披露され、TOKIOのメンバーそっくりなキャストが登場した。

【写真を見る】“テレアーサ”の神に会いに行ったヨシヒコ(山田孝之)、メレブ(ムロツヨシ)はあることに気付く/(C)「勇者ヨシヒコと導かれし七人」製作委員会

第5話は、魔王を倒すため運命の玉を持つ7戦士を探すヨシヒコ(山田孝之)一行がダシュウ村に到着。

そこでは、村人が魔物に操られ無理やり農作業をさせられていた。

ヨシヒコが話し掛けた若者たちは、オーバーオール姿で頭に白いタオルを巻いた5人組。

城島茂の物まねでおなじみのホリが“リーダー”と呼ばれ、他のメンバーも名前を聞くとマッツ、ターチ、グッチ、ナガサと名乗った。

そして、この若者たちは「ここの村人は全員、朝目が覚めると身体の自由を奪われ勝手に農作業を始めてしまう」と話し、ヨシヒコたちは村人を操る魔物・ニッテレンを退治すべく旅に出る。

強力な魔物を倒すため、「助けの神」に力を貸してもらうため神々を探すが、そこにいたのは「シエクスン」「テレアーサ」などの神。

シエクスンの神は死んでいるように見えたが、メレブ(ムロツヨシ)が「時間はかかると思うけど、生き返ると思うよ」と必死のフォローで撤収。テレアーサは、ドラマ「相棒」での水谷豊によく似た神(マギー)だった。

最終的にナナナのような姿の「テレート」(柄本時生)が登場し、魔物退治を正式に依頼。ニッテレン(徳光和夫)に立ち向かっていった。

テレビ局同士を擬“神”化し、ブラックユーモアをたっぷり盛り込んだ今回のストーリーに、SNSは「ヨシヒコ攻め過ぎ!(笑)」「テレ東よく許可したな!」と大盛り上がり。

他、ゲストには鈴木浩介、とにかく明るい安村など出演した。

11月11日(金)放送の第6話では、ウガスの村にやってきたヨシヒコ一行。

ヨシヒコは村に到着するなり大事な玉をいきなり2個も盗まれる。ドラマ中盤にして、魔王討伐はもはや絶望的か、というムードが漂う。