お目目キラキラのトム・ハンクス! - 映画『王様のためのホログラム』より
 - (c) 2016 HOLOGRAM FOR THE KING LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

写真拡大

 映画『クラウド アトラス』のトム・ティクヴァ監督&トム・ハンクスが再びタッグを組んだ新作『A Hologram for the King』の邦題が『王様のためのホログラム』に決まり、2017年2月10日より日本公開されることが明らかになった。同作には『パフューム ある人殺しの物語』『クラウド アトラス』とティクヴァ監督作に出演してきたベン・ウィショーもカメオ出演している。

 ハンクス自らが映画化を熱望した本作は、作家デイヴ・エガーズの同名小説を原作に、主人公に訪れた“中年の危機”をシニカルかつユーモラスに描いたコメディードラマ。エリート人生から転落して家も家族もなくした主人公アランは、人生の一発逆転をかけてサウジアラビアの王様に最先端の映像装置「3Dホログラム」をプレゼンすることになるが、「もう後がない」というプレッシャーに加え、慣れない食事や異なる宗教、次から次へと異文化の嵐が襲い掛かり……。そんな中でも新たな人生を一歩ずつ歩き始めようとするアランの姿に、勇気をもらえること請け合いだ。(編集部・市川遥)

映画『王様のためのホログラム』は2017年2月10日よりTOHOシネマズシャンテほかにて全国公開