寂しさを感じている時に、その悲しみや痛みを乗り越えるのは難しいです。しかし、寂しいと感じるということは、心は完全に健康です。寂しいと感じることで、変化を起こす時だとあなたに教えているのです。

Vox」でBrian Resnickが、ドイツのケルン大学のMaike Luhmannに、孤独と孤独が人間に与える影響について聞いていました。Luhmannは、孤独や寂しさはとても傷いているような気がしますが、それは実際に傷ついているからだと言っています。人間の脳は、物理的な痛みと同じように、社会的な痛みもたくさん感じています。しかし、その痛みは悪いものではないとLuhmannは主張します。

それは、社会的なつながりや人間関係において、何か行動を起こさなければならないという合図です。何かがおかしいという心のサインです。

寂しさを感じている時は、単に社会的なつながりを渇望しており、誰かと再びつながりたいと思っているのです。しかし、孤独や寂しさを慢性的に感じている場合は問題があります。

Luhmannは、寂しいというサインを見過ごすと、精神的な病気につながる可能性があると言います。長い間放っておくと、人とつながるのがどんどん難しくなっていきます。だから、寂しいと感じたら、単に気分が落ち込んでいるのだと思わず、心のサインだと認識することが大事なのです。空腹や喉の渇きと同じように、孤独は対処しなければならないことなのです。

つまり、一人でいることと孤独を感じることは別物だということを、肝に銘じておく必要があります。人によって、どのくらい社会的なつながりが必要なのかは違います。他の人に何が必要かではなく、自分にとってベストな状態に意識を向けるようにしましょう。


Why we need loneliness | Vox

Patrick Allan(原文/訳:的野裕子)
Photo by Norbert Eder.