4日、韓国の朴槿恵大統領の友人で実業家の崔順実氏の国政介入疑惑「チェ・スンシルゲート」の影響が韓国芸能界にも波及している。「江南スタイル」でおなじみの韓国歌手PSY(サイ)の所属事務所はこのほど、うわさを全面否定した。写真はPSY。

写真拡大

2016年11月4日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人で実業家の崔順実(チェ・スンシル)氏の国政介入疑惑「チェ・スンシルゲート」の影響が韓国芸能界にも波及している。韓国俳優パク・ヘジンの所属事務所が、崔氏の側近とされるコ・ヨンテ氏との関連を否定したのに続き、「江南スタイル」でおなじみの韓国歌手PSY(サイ)の所属事務所もこのほど、チェ・スンシルの姪のチャン・シホ氏とのうわさを全面否定した。環球網が伝えた。

事の発端は、ある議員のラジオインタビューでの発言だ。この議員は「(チャン・シホ氏の母親の)チェ・スンドゥク氏が10年前、芸能人サッカーチームに何度も食事をごちそうするなどして芸能界への人脈を築いた」とし、「特にここ数年国際舞台で活躍してきた人気歌手に恩恵を与えてきた」などと発言。この人気歌手がPSYを指していると韓国国内で議論が巻き起こった。

こうした事態を受け、PSYの所属事務所、YGエンターテインメントは3日、「PSYは、チャン・シホ氏と面識はなく、このサッカーチームに所属していたこともない」と否定した。(翻訳・編集/柳川)