写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JR西日本は4日、可部線延伸開業に向け、国土交通省中国運輸局長へ運賃の認可申請を行ったと発表した。可部線の延伸区間となる可部〜あき亀山間(営業キロ1.8km)は2017年春開業予定。既存の横川〜可部間と同様、地方交通線の運賃を適用する。

可部線の電化延伸にともない、現在の終点駅・可部駅は下りホームを増設した相対式ホームの駅に。延伸区間に開業する中間駅・河戸帆待川(こうどほまちがわ)駅は単式ホーム1面、終点駅・あき亀山(あきかめやま)駅は頭端式ホーム1面などを備えた駅となり、ともに4両編成に対応したホーム(延長85m)になるとのこと。

営業キロは可部〜河戸帆待川間・河戸帆待川〜あき亀山間ともに0.8kmで、延伸開業後の可部線横川〜あき亀山間の営業キロは15.6kmに。延伸区間も地方交通線の運賃が適用されることから、延伸区間内の普通運賃は可部〜河戸帆待川間・可部〜あき亀山間・河戸帆待川〜あき亀山間ともに140円となる予定だ。

その他、広島市内のおもな駅からの普通運賃は、大町〜河戸帆待川・あき亀山間210円、横川〜河戸帆待川間240円・横川〜あき亀山間320円、広島〜河戸帆待川間320円・広島〜あき亀山間410円を予定している。

通勤・通学定期運賃(1カ月)も明らかにされ、広島駅から利用する場合、河戸帆待川駅まで通勤定期運賃9,720円、大学生の通学定期運賃7,810円、高校生の通学定期運賃7,020円、あき亀山駅まで通勤定期運賃1万2,310円、大学生の通学定期運賃7,960円、高校生の通学定期運賃7,160円に。片道の営業キロが200kmを超える場合に適用される「広島市内」の範囲に、新たに河戸帆待川駅・あき亀山駅を追加することも発表された。

○広島近郊の可部線・山陽本線・呉線、12/18ダイヤ修正

可部線では可部〜あき亀山間延伸開業に向けた可部駅の配線変更にともない、12月18日にダイヤ修正が実施され、一部列車の時刻が変更される。JR西日本広島支社の発表によれば、時刻を修正する可部線の列車本数は平日72本・土休日64本とのこと。

これに合わせて、広島近郊の山陽本線で平日19本・土休日13本、呉線で平日4本・土休日2本の列車も時刻が修正される。各路線とも1〜6分程度の修正となり、「列車によっては発車時刻が早くなる場合がありますので、ご利用の際はご注意ください」と広島支社。詳しい時刻は11月19日発売予定の時刻表(12月号)に掲載される。

(上新大介)