3日、韓国メディアによると、世界149カ国・地域を対象に調査した「暮らしやすい国」のランキングで韓国が35位となり、歴代最悪の成績を記録した。写真はソウル。

写真拡大

2016年11月3日、韓国・ニュース1などによると、世界149カ国・地域を対象に調査した「暮らしやすい国」のランキングで韓国が35位となり、歴代最悪の成績を記録した。

英国のシンクタンク「レガタム研究所」が2日(現地時間)発表した今年の「世界繁栄指数」で、韓国は昨年の28位から7ランク落とし35位となった。項目ごとの内訳をみると、韓国は経済(29位)、教育(17位)、保健(19位)、安全・安保(29位)では総合順位よりも高い順位を獲得したが、起業家精神とチャンス(36位)、国家経営(41位)が中ランクにとどまった。また、個人の自由(73位)や自然環境(91位)、そして個人間の親密度や社会的ネットワーク支援、社会規範や地域社会における市民参加などを測る「社会的資本」(105位)で低評価を受けた。

アジアではシンガポールが19位でトップ、ほか日本(22位)、香港(23位)、中国(90位)の結果。シンガポールと日本は安全・安保の項目でそれぞれ1位、3位を獲得した。

全体の1位は昨年4位だったニュージーランド、2位は昨年まで7年連続首位を守っていたノルウェー、3位以下はフィンランド、スイス、カナダ、オーストラリア、オランダ、スウェーデン、デンマーク、英国と続いた。

結果を受け、韓国のネットユーザーからは「あきれたな。これでも順位高過ぎ」「暮らしやすいのは金持ちだけだろ」「庶民が暮らしやすい国こそが本当の国家だ。朴槿恵(パク・クネ大統領)よ、よく聞け」「金持ちによる金持ちのための、金持ちたちの国」などと、やるせない感情を表すコメントのほか、「来年の調査では100位以下に落ちるだろうな」「チャンスがあれば本当にこの国を離れたい」「もう一度生まれ変わったら、家畜でもいいからニュージーランドに生まれたい」「まず北朝鮮との戦争が終わってからじゃないと話にならない。この紛争国が35位なら、それより下の国はいったい何なんだ?」といったコメントが寄せられている。

また「日本が安全な場所?地震や火山の噴火があんなに多いのに?」「日本はやっぱり韓国が無視できる国じゃない。先進国で経済大国で強大国の、アジアでずば抜けた超一流国家だ」など、日本に言及するコメントも寄せられた。(翻訳・編集/吉金)