来季ACL参戦の上海上港、新指揮官にビラス=ボアスを招聘…ゼニト時代の教え子フッキと再タッグ

写真拡大

▽上海上港は4日、同日に監督を退任したスヴェン・ゴラン・エリクソン氏(68)の後任として、アンドレ・ビラス=ボアス氏(39)を招聘したことを発表した。契約に関する詳細は明らかにされていない。

▽ビラス=ボアス氏はこれまでポルト、チェルシー、トッテナムの監督を歴任。昨シーズンまでは1シーズン半にわたり、ゼニトを率いていた。

▽上海上港は、今シーズンの中国スーパーリーグを3位でフィニッシュ。来シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権(予選2回戦からの参戦)を確保している。

▽なお、その上海上港には、ビラス=ボアス氏とゼニト時代に師弟関係にあったブラジル代表FWフッキが在籍。舞台を中国に移して再びタッグを組むこととなった。