【選手評】ハリルホジッチが井手口陽介、大迫勇也、久保裕也ら新戦力を語る《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本サッカー協会(JFA)は4日、11月に行われるキリンチャレンジカップ2016、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に臨む日本代表メンバー25名を発表した。

▽会見に出席した日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督がメンバーの選考理由について、以下のように説明している。

◆ヴァイッド・ハリルホジッチ監督

「11月に今年最後の2試合がある。1つは親善試合、1つはW杯に行くための重要な試合。オマーンは少しサウジアラビアに似ているということで選んだ。アラブのフットボールのイメージ。あまりプレー機会のない選手にもチャンスを与えようと思っている」

「もしくは海外で試合に出られていない選手。どのような状態かも見たい。我々のグループで首位にいるサウジアラビアとの試合の準備のためにこういう機会を作った。今回の合宿には22人のフィールドと3人のキーパーを呼ぶ」

「中盤とFWに一人ずつ多めに呼んだ。前回の合宿もそうだが、少しケガもあるので、グループをラージにしてリスクを避けることが大事だと思う。少し新しい選手も呼んでいる」

【GK】

西川周作(浦和レッズ)

東口順昭(ガンバ大阪)

川島永嗣(メス/フランス)

「まずはGK。いつもの3人で、前回も同じだった。(GK川島)永嗣もいる。前回の合宿でたくさんのことを見せてくれた。フィジカル状態も前回より良いはずだ。まだ先発を勝ち取れていないのが現状だが、我々のGKコーチも、彼のパフォーマンスには満足している」

【DF】

酒井宏樹(マルセイユ/フランス)

酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)

長友佑都(インテル/イタリア)

槙野智章(浦和レッズ)

吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)

森重真人(FC東京)

丸山祐市(FC東京)

植田直通(鹿島アントラーズ)

「守備にいく。長友(佑都)も少しケガをしたが、戻ってきている。(酒井)宏樹は今週ちょっと状態が良くなかったが、この合宿には良い準備で臨めるということ。真ん中では(吉田麻也)麻也、森重(真人)、丸山(祐市)と植田(直通)を呼んだ」

「植田と昌子(源)の競争だった。昌子はプレーしているが、100%でトレーニングできていないという状況で、少しまだ状態が良くないということなので今回は植田を呼ぶ。彼もプレー数は少ないが、若くてクオリティもある」

「少し彼にも話をして、もっともっとトレーニングしないといけないと伝えたい。若くて、このようにフィジカル能力もテクニックもある選手は稀だ。これからも伸びるはずだし、将来、A代表にとって大事な選手になるはずだ」

「吉田、森重がすでにイエローカードをもらっているので、もし累積などで問題が起きたときにも彼が代わりになるのかなと思っている」

【MF】

長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)

山口蛍(セレッソ大阪)

井手口陽介(ガンバ大阪)

永木亮太(鹿島アントラーズ)

「中盤。ディフェンシブでは長谷部(誠)、山口(蛍)が常にいる。永木(亮太)はここ2カ月、良いパフォーマンスを見せている。奪うところ、存在感も十分に満足している」

「そして新しい選手。井手口陽介だが、ずっと追跡していた。本当に能力がある。得点も取る。右足も左足もクオリティが高い」

「非常に面白い選手だと思う。奪うところもフィジカルも伸びている。若い選手を呼んで、我々のグループをフレッシュにしたい」

【MF】

香川真司(ドルトムント/ドイツ)

清武弘嗣(セビージャ/スペイン)

小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)

「オフェンシブでは、(香川)真司、キヨ(清武弘嗣)、小林祐希。香川もだんだんプレーできるようになってきた。少し打撲で、前回の試合は出ていないがね。清武についてはかなりディスカッションした」

「彼のクラブでどのような競争があるのか。ただ、彼もクラブでかなり補足的なトレーニングを積んで、少しこの前の試合にも出た。ケガをした(サミル・)ナスリと競争をしないといけないが、先発を勝ち取ってほしい」

「小林祐希は、常に先発で出ている。少し低い位置でプレーしているが、我々のコーチも現地に行って話をした。オランダリーグでかなりレベルの高いプレーをしている。運動量、ディシプリンの面でかなり向上しているという報告だった。攻撃的にプレーできる。そこが向上している。左足のパスのクオリティも高い」

【FW】

本田圭佑(ミラン/イタリア)

浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)

原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)

齋藤学(横浜F・マリノス)

「FW陣。常に本田(圭佑)はいる。浅野(拓磨)は前回、点を取った。原口(元気)も常に先発で出ている。少し疲労が溜まっているかもしれない。齋藤(学)は、ここ最近かなり活躍している」

「最後の突破、リズムの変化のところで面白い選手。親善試合でチャンスがあるかもしれない。一対一で突破できる稀な選手だと思う。プレーを継続する、90分間常に良いプレーをすることが大事。彼ともしっかり話をしていきたい」

【FW】

大迫勇也(ケルン/ドイツ)

岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)

久保裕也(ヤング・ボーイズ/スイス)

「そして、真ん中。オカ(岡崎)、大迫(勇也)、久保(裕也)だ。久保もスタメンを取った。背後に抜けて、スピードもあって、面白い選手。しかし、2トップでプレーするオーガナイズがいいかなと。それ以外は難しいかなと思う。スピードで背後に抜ける選手だ」

「大迫はここ数カ月いなかったが、クラブで先発を取って、よりゴールに近づけるようになった。たくさんではないが、点も取るようになった。より得点率を上げていってほしいと思っている。フィジカル的なクオリティがあり、ヘディングも強いので、16mの中に入っていくプレーに期待している」

「このような真ん中のFWが我々には少ないので重要だ。7人のFWを呼んだ。少し様子を見るためとサウジアラビア戦の準備だ。より良い選手がこの試合に出るはずだ」